【ピアノ】各種「スケルツォ」譜読みのポイント

本記事では、
様々な作曲家による「スケルツォ」について、
それらに共通した譜読みのポイントを解説しています。

 

本記事で取り上げている楽曲は

パブリックドメインになっている作品です。

出版社が独自につけたアーティキュレーションなど

権利に関わる部分は一切表示しておりません。

譜例はFinaleで作成したものです。

 

ベートーベン「各種ピアノソナタ」の楽章をはじめ、

様々な作曲家が「スケルツォ」を作曲しています。

 

それらに共通する特徴の一つは「テンポが速いこと」です。

ゆえに、

「1/2の小節の長さ」

で書かれている楽曲が多くあります。

一例をあげます。

 

ベートーヴェン「ピアノソナタ 第15番 Op. 28 第3楽章」

譜例(Finaleで作成、1-8小節目)

「点線で示した小節線」は、

実際の楽曲では「通常の小節線」で書かれています。

一方、

音楽的には「点線で示した小節線」が無いと考えて

6/4拍子で考えることも可能です。

そのほうが、

音楽の流れや構成を把握しやすくなります。

 

繰り返しますが、

このように

「1/2の小節の長さで書かれている楽曲があること」

これが、スケルツォで多くみられる特徴の一つです。

したがって、

スケルツォに取り組むときには

譜読みのはじめに

まずこの部分をチェックするといいでしょう。

 

それぞれの拍子には

「拍子の特徴」というものがあります。

例えば、

6/8拍子は「2拍子系の音楽」ですので、

「3/8拍子×2」とは音楽表現が異なります。

つまり、

3/8拍子で書かれたものを2倍にして

6/8拍子として考えてしまうと

基本的には

音楽として成立しなくなってしまうのです。

 

一方、

その例外になってくるのが

今回ご覧にいれたようなテンポが速いスケルツォ」の場合です。

 

「楽式論  石桁真礼生 著(音楽之友社)」の中でも

ショパンの「スケルツォ第2番」を例に出し、

「明らかに2倍の小節の長さで把握できる箇所」

について解説されています。

 

この書籍については

以前にレビュー記事を書いていますので

よろしければ参考にしてください。

ピアノ演奏に活かせる!参考書「楽式論(音楽之友社)」レビュー


 

Amazon著者ページ
https://www.amazon.co.jp/-/e/B08MVMPNMT?ref_=pe_1206512_179741122

Twitter
(ピアノの効率的な練習法や、楽曲解釈などお役立ち情報を発信中。)
https://twitter.com/notekind_piano

Youtube
https://www.youtube.com/channel/UCBeXKaDXKd3_oIdvlUi9Czg

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました