【ピアノ】練習内容を絞ってみよう

スポンサーリンク
本記事では、
効率良い練習のためのアドヴァイスをしています。

 

練習内容というのは、学習者にとってさまざまだと思います。

正解はないのですが、

効率良い練習のためのアドヴァイスはできます。

それは、

「練習内容を絞り、かつ、皿回しにする」

ということ。

 

同じ内容を数多く繰り返すことが物事の習得には欠かせません。

同じ長さの時間練習するのであれば、

練習内容が絞られていた方が濃い練習ができます。

しかし、全くそのまま同じ練習をしていると

飽きてしまったり、新鮮味がなくなってしまいます。

そこで、「皿回し」にするのです。

例えば、

小さな楽曲も含めて

A、B、C、D、E、F 、G、H、I、J、K、L

という12曲を練習するとします。

その場合、

1日6曲にして2日に分けた方が効率はよくなります。

また、その場合も、

A、A、B、B、C、C、D、D、E、E、F、F 

などと1曲を長く練習するよりも

A、B、C、D、E、F、 A、B、C、D、E、F 

というように皿回しにしたほうが

新鮮味を保った練習ができます。

 

これは「譜読み」などでも応用できる考え方です。

ぜひ試してみてください。

 

「譜読み」について学びたい方は

以下の電子書籍を参考にしてください。

◉大人のための欲張りピアノ [譜読みに強くなる14のポイント]

 


 

Amazon著者ページ
https://www.amazon.co.jp/-/e/B08MVMPNMT?ref_=pe_1206512_179741122

Amazonでご購入いただけますが、

「Kindle Unlimited」に登録している方は

kindle電子書籍が「読み放題」になるのでオススメです。

「無料トライアル」の詳細は以下よりご覧ください。

Twitter
(ピアノの効率的な練習法や、楽曲解釈などお役立ち情報を発信中。)
https://twitter.com/notekind_piano

Youtube
https://www.youtube.com/channel/UCBeXKaDXKd3_oIdvlUi9Czg

コメント

タイトルとURLをコピーしました