【ピアノ】「曲名」や「舞曲の名称」は目安程度で考えよう

本記事では、
楽曲につけられている
「曲名」や「舞曲の名称」などを
参考にする際の注意点
解説しています。
前回の記事との関連内容でもありますので、
ぜひあわせてお読みください。

20世紀につけられた「別れの曲」というタイトル

ショパンの「別れの曲」はよく知られているタイトルですね。

実はこのタイトルは、

ショパン自身がつけたタイトルの日本語訳ではなく、

後年になってからつけられたタイトル」です。

 

もちろん、

作曲家自身がつけたタイトルではなくても

特定のイメージを浮かべるためには

効果的なこともあります。

一方、

「作曲家の意図をくみとる再現芸術」

という面をあわせ持つクラシック音楽の特徴を考えると

第三者がつけたタイトルにとらわれすぎてしまうのは

考えものです。

 

第三者がつけたタイトルというのは、

作曲者の歴史などを丁寧に調べた上で

考えられているものもあれば、

聴いた感じの雰囲気で

なんとなくつけられているものもあるのです。

舞曲は1つの名称で示せるほどワンパターンではない

「舞曲などの名称がそのままタイトルになっている楽曲」

は多くあります。

一方、色々な楽曲をみてみると、

「ポロネーズ」

「メヌエット」

などといった名称は

「内容のある一定の傾向」

という程度でしかないことを感じます。

つまり、

内容に幅がありすぎるのです。

基礎的な部分を学んだら、

あとは一曲一曲

「その舞曲の中の別の顔」

としてみていくしかありません。

 

ここで言いたいのは、

「楽式論(音楽之友社)」

などの書籍を通して

その舞曲などの基本を知っておくことは

必須だけれども、

「メヌエットとはこういうものだ」

などととらわれすぎると

それ以上学習が先に進まなくなる可能性がある、

ということです。

 

基礎を知っていて柔軟に考えられるのと

知らないのとでは

大きな違いがあります。

「基礎はしっかりまなび、それが身体に入ったらもうとらわれすぎない」

これをふまえておきましょう。

 


 

Amazon著者ページ
https://www.amazon.co.jp/-/e/B08MVMPNMT?ref_=pe_1206512_179741122

Twitter
(ピアノの効率的な練習法や、楽曲解釈などお役立ち情報を発信中。)
https://twitter.com/notekind_piano

Youtube
https://www.youtube.com/channel/UCBeXKaDXKd3_oIdvlUi9Czg

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました