【ピアノ】オクターブ連続の難易度を下げる方法

スポンサーリンク
本記事では、
難しいテクニックの一つとされている
「片手でのオクターブ連続パッセージ」
を演奏しやすくする方法をお伝えしています。

 

譜例を見てください。

これを「左手のみ」で演奏するとします。

右手で手伝えるのであれば比較的容易ですが

実際の楽曲では

右手が空いていない場合の方が多くあります。

ある程度高度な楽曲になってくるとよく出てきますよね。

プロコフィエフ「ピアノソナタ第1番 ヘ短調 作品1」の冒頭など。

 

こういったオクターブ連続パッセージの

難易度を下げる方法としては、

「カッコ付きアクセントで示したように、各拍頭に重みを入れること」

これが有力です。

実際には書かれていないこのような重みを入れることで

各拍が安定しテクニック的に難易度が下がります。

もちろん、

アクセントをやりすぎると音楽そのものが変わってしまうので、

少し重みを入れる程度にしましょう。

 

全体をガンガンガンガンガンと弾いてしまうと

ただの「音のカタマリ」になってしまいます。

したがって、

難易度の問題だけでなく、音楽的にも有効な方法と言えます。

 

左手のテクニックについては、

以下の電子書籍も参考にしてください。

◉大人のための欲張りピアノ③ 左手が右手のように動くようになる練習法!

 


 

Amazon著者ページ
https://www.amazon.co.jp/-/e/B08MVMPNMT?ref_=pe_1206512_179741122

Amazonでご購入いただけますが、

「Kindle Unlimited」に登録している方は

kindle電子書籍が「読み放題」になるのでオススメです。

「無料トライアル」の詳細は以下よりご覧ください。

Twitter
(ピアノの効率的な練習法や、楽曲解釈などお役立ち情報を発信中。)
https://twitter.com/notekind_piano

Youtube
https://www.youtube.com/channel/UCBeXKaDXKd3_oIdvlUi9Czg

コメント

タイトルとURLをコピーしました