【ピアノ】フーガはテーマを理解することが最重要

スポンサーリンク

 

♬ フーガの譜読みのコツについて知りたい

♬ フーガの演奏注意点について知りたい

 

こういった希望に応えます。

 

 

【本記事の結論】
伝統的なフーガの譜読みは、テーマをしっかり理解すれば半分終わったようなもの  

 

 

記事の信頼性


 

筆者は、音楽大学の学部および大学院を作曲専攻で修了し、

修士号(音楽)を取得しています。

また、音楽大学および音楽専門学校での指導経験も豊富です。

 

 

J.S.バッハの作品をはじめとした

「フーガ」を演奏することは多々あるでしょう。

譜読みのポイントは

「先を急がず、まずは徹底的にテーマ(主題)を理解することから始める」

これに限ります。

 

フーガでは何度もテーマが登場しますので、

このような手順をふむ利点は多い。

いくつか取り上げます。

 

■フーガはテーマを理解することが最重要

♬ 演奏バランスの注意点を、ほかのテーマの箇所にも活かせる

 

【ピアノ】上手な人はバランスに敏感

という記事の中で、

J.S.バッハ 「平均律クラヴィーア曲集 第2巻 第2番 c-moll フーガ」

における「1小節+1拍のテーマ」を取り上げて

「テーマ各音の音量バランスのとり方」

について解説しました。

 

それを最初にやっておけば

同型の「テーマ」や「応答」が出てくるたびに

応用していくことができるのです。

「後でやっても同じ」

などと思って

いい加減に譜読みを進めず、

必ず ”譜読みのはじめ” におこなってください。

そうすることで

雑に譜読みをしたことによる変なクセがつかなくてすみますし、

読む効率も上がります。

 

♬ 微妙にテーマが変形されているところを整理できるので、暗譜に有効

 

フーガでは

テーマは毎回同じようにでてきますが、

ときどきリズムなどに少しの変形を伴うことがあります。

そういったときに、

いちばんはじめに提示された

テーマの「もっとも基本の形」をよく理解してあると

どこがどう変わったのかが一目瞭然。

このような

「似ているけど少し異なっている部分」の整理が、

のちの「暗譜」をたいへん楽にしてくれます。

 

譜読みが終わってからではなく、”始めから” 整理しておく。

そうすることで

やはり効率の良い譜読みができます。

 

かなり弾ける学習者でも

本番で暗譜がとんでしまいがちな楽曲の代表例は、

「フーガ」
「ソナタ形式(の無限ループ)」

この2種類です。

暗譜のためにとれる対策を

しておくに越したことはありません。

 

♬ テーマを理解することで、テーマ以外の要素の理解も深まる

 

譜読みのはじめにテーマをよく理解しておくメリットは

まだ他にもあります。

 

フーガでは「テーマ(主題)」を基礎におき、

その特徴的なリズムや音程などを引用して

「応答」はもちろん、

「対位主題」「自由声部」「嬉遊部」などを

作っている楽曲が多い。

 

したがって、

テーマを理解しておくことで

譜読みの際に

テーマ以外の要素を

深く理解する手がかりにもなるのです。

特に、J.S.バッハなどの伝統的なスタイルによるフーガでは

この傾向が濃厚。

 

その楽曲にとって大事な要素を理解するということは、

その他の要素を理解することでもあるわけです。

 


 

「伝統的なフーガの譜読みは、テーマをしっかり理解すれば半分終わったようなもの」

というのは

少し言い過ぎと思うかもしれませんが、

それくらいテーマが重要なものであるということが

分かっていただけたと思います。

 

本記事の内容を意識して

フーガの譜読みに取りかかってみて下さい。

 

フーガについて学びを深めたい場合には

以下の記事でレビューしている書籍が参考になります。

ピアノ演奏に活かせる!参考書「楽式論(音楽之友社)」レビュー

 


 

無料トライアルで読み放題「Kindle Unlimited」 もっとピアノが上達したいあなたへ

 

「Kindle Unlimited」をご存知ですか?

私が執筆している数百冊のピアノ関連書籍に加え、

200万冊以上のあらゆる電子書籍が読み放題になるサービスです。

「初回30日間無料トライアル」を使って、

ピアノをもっと深く学んでみませんか?

もし合わなければ、いつでもすぐに解約可能です。

 

「初回30日間無料トライアル」はこちら / 合わなければすぐに解約可能!

 


 

Amazon著者ページ
https://www.amazon.co.jp/-/e/B08MVMPNMT?ref_=pe_1206512_179741122

Amazonでご購入いただけますが、

「Kindle Unlimited」に登録している方は

kindle電子書籍が「読み放題」になるのでオススメです。

「無料トライアル」の詳細は以下よりご覧ください。

Twitter
(ピアノの効率的な練習法や、楽曲解釈などお役立ち情報を発信中。)
https://twitter.com/notekind_piano

Youtube
https://www.youtube.com/channel/UCBeXKaDXKd3_oIdvlUi9Czg

コメント

タイトルとURLをコピーしました