【ピアノ】合わせづらい両手のタイミングの合わせ方

スポンサーリンク
本記事では、
縦の線のタイミングが合いにくい例を挙げて
その合わせ方を解説しています。

 

具体例を挙げます。

楽曲が変わっても基本的な考え方は応用できます。

 

ベートーヴェン「ピアノソナタ第23番 熱情 ヘ短調 op.57 第3楽章」

譜例(PD楽曲、Finaleで作成、28-31小節)

この箇所は弾きにくい印象です。

右手が動き回っているのに、

左手が交差して

なおかつ、16分休符混じりのリズムが入ってくるので

タイミングをとりにくく縦の線を合わせづらい。

 

右手のパッセージは

それほど弾きにくい動きはしていません。

つまり、解決したいのは「左手」の奏法。

 

攻略のカギは、

「16分音符の直前の休符のとり方」

これにかかっています。

何かにうまくいかないときは

その直前で失敗している可能性が高いのです。

 

休符のとり方に直結する演奏ポイントは、

28小節目および30小節目の

バスF音を音価分しっかり伸ばすこと。

そうすることで

「休符の始まる位置」が明確になります。

 

他の注意点としては、以下の3点。

◉ 交差打鍵するときに、身体の軸を締めていること
◉ 交差打鍵は、鍵盤の近くからおこなうこと
◉ 交差打鍵の16分音符は強く弾こうと思わず、直後の sf の音へ向かう意識をもつこと

 

ここまでの注意点を意識できれば、

あとは「ゆっくり練習(拡大練習)」も取り入れながら

とにかくやるしかありません。

 

他の楽曲にも

このような「縦の線のタイミングが合いにくい例」出てきます。

もう2例挙げておきましょう。

 

シューベルト「ピアノソナタ 第19番 ハ短調 D 958 第1楽章」

譜例(PD楽曲、Finaleで作成、18-20小節)

 

リスト「バラード 第2番 S.171 ロ短調」

譜例(PD楽曲、Finaleで作成、113-115小節)

これらの譜例の箇所に

手の交差は出てきませんが、

基本的な注意点は同様に考えてください。

「直前の休符のとり方」がポイントです。

 


 

Amazon著者ページ
https://www.amazon.co.jp/~/e/B0CCSDF4GV

Twitter
https://twitter.com/notekind_piano

YouTube
https://www.youtube.com/channel/UCBeXKaDXKd3_oIdvlUi9Czg

 


 

無料トライアルで読み放題「Kindle Unlimited」

 

筆者が執筆しているピアノ関連書籍に加え、

数多くの電子書籍が読み放題になるサービスです。

 

「初回30日間無料トライアル」はこちら / 合わなければすぐに解約可能!

コメント

タイトルとURLをコピーしました