【ピアノ】楽曲の性格を理解しないと、強調の仕方が決まらない

スポンサーリンク
ダイナミクスの強調をする場合には
楽曲の性格を理解して
その性格に合った表情で強調してあげましょう。

 

アクセントやスフォルツァンドなどによる強調の仕方は

必ず、楽曲の性格やニュアンスにあわせて

考えられるべきです。

 

例えば、以下のふたつはどちらも問題アリ。

◉ たいして強調していない
◉ いつもびっくり箱のような過激な強調をしてしまう

 

前者が良くないのは、

やっていることが聴衆に伝わらないから。

後者が良くないのは、

ふざけているように聴こえるから。

どちらもよく見受けられます。

 

では、どれくらい強調すればいいのかということになると

楽曲の性格の理解が必要になってきます。

自身が取り組んでいる作品を使って

「その作品のその部分では、どのような表情で強調すべきか」

というのを

前後関係も踏まえてじっくり検討してください。

とうぜん、

同じ作品の中でも

部分によって強調の意味合いは変わってきます。

 

ここで言いたいのは、

「いつも同じやり方で同じように強調する、通り一辺倒のやり方は避けるべき」

ということ。

 

【ピアノ】スフォルツァンドの解釈

という記事では

さらに踏み込んで解説しているので、

あわせて参考にして下さい。

 


 

Amazon著者ページ
https://www.amazon.co.jp/~/e/B0CCSDF4GV

Twitter
https://twitter.com/notekind_piano

YouTube
https://www.youtube.com/channel/UCBeXKaDXKd3_oIdvlUi9Czg

 


 

無料トライアルで読み放題「Kindle Unlimited」

 

筆者が執筆しているピアノ関連書籍に加え、

数多くの電子書籍が読み放題になるサービスです。

 

「初回30日間無料トライアル」はこちら / 合わなければすぐに解約可能!

コメント

タイトルとURLをコピーしました