【ピアノ】同音連打における指遣い

本記事では、
同音連打をする際に
どんな運指を使うべきかを解説しています。

 

同音連打については初歩学習の段階で

「321321…と指を変えること」

と習うケースが多いようです。

基本としてはokです。

一方、他の選択肢もあるということは踏まえておきましょう。

楽曲にもよりますが、

私がよく使うのは「212121…」という、

3の指を使わない方法。

具体的に譜例をみてみましょう。

 

ベートーヴェン「ピアノソナタ第23番 熱情 ヘ短調 op.57 第1楽章」

譜例(Finaleで作成、24小節目)

 

パブリックドメインになっている作品です。

出版社が独自につけたアーティキュレーションなど

権利に関わる部分は一切表示しておりません。

譜例はFinaleで作成したものです。

左手に出てくる同音連打の箇所に2パターンの運指を書き入れてみました。

上に書き込んだ運指(212121…)と

下に書き込んだ運指(321321…)は

どちらでも成立します。

しかし、弾きやすさは演奏者によって様々です。

両方試してみて

自身にとって安定して演奏できる方を選ぶべきです。

さらには、

「2の指のみ」または「3の指のみ」

という方法で

同音連打して演奏するピアニストもいます。

これらは全く指を変えずに同音連打する方法。

ラヴェル「スカルボ」など

「超高速の同音連打」では

指を変えると大変弾きにくく

全く指を変えずに同音連打した方が

うまくいくケースが多くあります。

 

さて、今回お伝えしたいことは、

「同音連打における指遣いは1パターンだけではない」

ということです。

生徒の初歩学習の段階で

「同音連打では321321…と指を変えてネ」

などと教えたことがきっかけで、

どんな箇所で出てくるどんな速さの同音連打でも

「321321…」の運指で弾いてしまう生徒がいました。

それ以来、

初級者のレッスンであっても

必要に応じて

他の指遣いも取り入れるようにしています。

 

学習が進んでくるまでは中々難しいかもしれませんが、

望ましいのは

同音連打に出会ったら

いくつかのパターンを試してみて

その箇所で最も弾きやすい運指を決定していくことです。

そのためにも、

まずは、以下の4パターンを覚えておきましょう。

「321321…」
「212121…」
「222222…」
「333333…」

 

Amazon著者ページ
https://www.amazon.co.jp/-/e/B08MVMPNMT?ref_=pe_1206512_179741122

Amazonでご購入いただけますが、

「Kindle Unlimited」に登録している方は

kindle電子書籍が「読み放題」になるのでオススメです。

「無料トライアル」の詳細は以下よりご覧ください。

Twitter
(ピアノの効率的な練習法や、楽曲解釈などお役立ち情報を発信中。)
https://twitter.com/notekind_piano

Youtube
https://www.youtube.com/channel/UCBeXKaDXKd3_oIdvlUi9Czg

コメント

タイトルとURLをコピーしました