【ピアノ】ラヴェルを学ぶための心強い味方

スポンサーリンク
本記事では、
ラヴェルのピアノ作品を学ぶための
非常に信用できる教材を紹介しています。

 

ペルルミュテールという、

ラヴェルに直接師事したピアニストを知っていますか

ペルルミュテール自身が校訂したラヴェルの楽譜が

音楽之友社から複数出版されており、

直接の弟子によるものということから

非常に信用できる内容となっています。

 

演奏指示が多く書き込まれてるので、

ラヴェルを勉強する方は

デュラン版と併用して参考書として使用するといいでしょう。

書き込みの内容は、

音楽解釈だけではなく

技術的なことにも触れられている点が魅力です。

(例 : この音は下段に書いてあるが、右手で取りなさい など)

 

◉ラヴェル ピアノ曲集 I: 古風なメヌエット、亡き王女のためのパヴァーヌ

 

 

 

 

 

◉ラヴェル ピアノ曲集 II: 水の戯れ

 

 

 

 

 

◉ラヴェル ピアノ曲集 III: ソナチネ

 

 

 

 

 

◉ラヴェル ピアノ曲集 IV: 鏡

 

 

 

 

 

◉ラヴェル ピアノ曲集 V: 夜のガスパール

 

 

 

 

 

◉ラヴェル ピアノ曲集 VI: 高雅で感傷的なワルツ

 

 

 

 

 

◉ラヴェル・ピアノ曲集 VII: クープランの墓

 

 

 

 

 


 

Amazon著者ページ
https://www.amazon.co.jp/~/e/B0CCSDF4GV

X(Twitter)
https://twitter.com/notekind_piano

YouTube
https://www.youtube.com/channel/UCBeXKaDXKd3_oIdvlUi9Czg

 


 

無料トライアルで読み放題「Kindle Unlimited」

 

筆者が執筆しているピアノ関連書籍に加え、

数多くの電子書籍が読み放題になるサービスです。

 

Kindle Unlimited 読み放題 無料トライアル

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました