【ピアノ】初心者でもできる楽曲分析方法④

スポンサーリンク
本記事では、
「初心者でもできる楽曲分析方法」の第4弾を紹介しています。
第1弾、第2弾、第3弾は先日記事にしていますので、
あわせてご覧ください。
第4弾単独でも学んでいただけます。

 

記事の信頼性


 

筆者は、音楽大学の学部および大学院を作曲専攻で修了し、

修士号(音楽)を取得しています。

また、音楽大学および音楽専門学校での指導経験も豊富です。

 

 

音楽理論を知らなくても出来る楽曲分析(アナリーゼ)に

「役割分担をみる」

というものがあります。

まずは、

「その箇所では右手と左手がそれぞれ何の役割になっているか」

これを考えます。

例えば、

「右手が伴奏に変わって、左手にメロディが来た」

など。

「楽曲分析なの?」

と思うかもしれませんが、

充分に立派な、尚且つ、演奏に直結する楽曲分析です。

どこを一番聴かせればいいかということが明確化し、

バランスをとっていくことができるからです。

聴いたところ当たり前のことのようですが、

メロディよりも伴奏が目立ってしまっていたりと

音楽を立体的に捉えられていないケースは

よくみられます。

 

そして、もし余裕があれば、

「旋律」「対旋律」「内声」「バス」など、

もう少し詳細の役割を見分けてみましょう。

いずれにしても

「役割分担をみる」

という内容自体は変わりません。

 

楽曲分析(アナリーゼ)というと

どうしても

「和声分析」や「動機分析」をすることが一番重要だと

思いがちですが、(以前の私もそうでした。)

先ほど書いたように

「役割分担をみる」という分析などの方が

演奏にはむしろ直結するのです。

そして、

音楽理論を学んでいなくても

問題なく取り組めます。

 

「楽曲分析(アナリーゼ)に取り組んだことがない」

という方は

今日から早速入門してみましょう。

 


 

「やさしい楽曲分析」として、

クレメンティの「ソナチネ Op.36-1」を題材としたソナタ形式の解説を

「Amazon kindle」で出版しています。

「ソナチネ Op.36-1」を理解するためというよりは、

「ソナタ形式」をやさしくまなぶための書籍です。

ぜひ読んでみてください。

◉大人のための欲張りピアノ 【対話形式でまなぶ】誰でもわかるソナタ形式

 


 

Amazon著者ページ
https://www.amazon.co.jp/-/e/B08MVMPNMT?ref_=pe_1206512_179741122

Amazonでご購入いただけますが、

「Kindle Unlimited」に登録している方は

kindle電子書籍が「読み放題」になるのでオススメです。

「無料トライアル」の詳細は以下よりご覧ください。

Twitter
(ピアノの効率的な練習法や、楽曲解釈などお役立ち情報を発信中。)
https://twitter.com/notekind_piano

Youtube
https://www.youtube.com/channel/UCBeXKaDXKd3_oIdvlUi9Czg

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました