【ピアノ】ビート(拍)が入りすぎると流れない

スポンサーリンク
音もリズムも間違いなく弾けているのに、流れていかない…。
あるあるですよね。
では、どうしたら流れていくのでしょうか。
ポイントのうちの一つをご紹介します。

 

記事の信頼性


 

筆者は、音楽大学の学部および大学院を作曲専攻で修了し、

修士号(音楽)を取得しています。

また、音楽大学および音楽専門学校での指導経験も豊富です。

 

 

具体例を挙げます。

楽曲が変わっても基本的な考え方は応用できます。

ベートーヴェン「ピアノソナタ第18番 変ホ長調 作品31-3 第1楽章」

譜例(PD作品、Finaleで作成、1小節目の右手

ここでは、

「ダンケシェ(ー)ン」

と頭の中で唱えながら練習するという、

一風変わった方法があります。

「良くない例」として書き込んだように

2つのダウンビートをはっきりと入れてしまうと

音楽が縦割りになってしまいます。

このように、

必要以上にビート(拍)を入れてしまうのが

音楽が流れなくなる原因の一つです。

「良い例」として書き込んだように

「ダンケシェ(ー)ン」

を一息で言うかのように演奏すると

音楽が流れるのです。

「ひとかたまりなのだから、一息で」

たったこれだけのこと。

 

ここまでで、取り急ぎタイトルは回収しました。

一方、この楽曲を練習している方のために

譜例箇所の演奏ポイントを少し書き残しておきます。

 

(再掲)

譜例の丸印で示した「16分音符F音」は

直後の「4分音符F音」より

大きくなってしまわないように。

例外はありますが、

基本的には

「長い音価の方に重みが入る」

というのがクラシック音楽の原則です。

巨匠 故 アレクサンドル・トラーゼも

TV番組「スーパーピアノレッスン 大曲に挑む」の中で

そう語っていました。

 

「付点のリズム」も正しく演奏し、

「3連符」のようになってしまわないように。

このリズムは第1楽章で何度も出てくる重要な素材です。

そして、

1-2小節目は「問いかけ」をしているようなイメージで。

 


 

無料トライアルで読み放題「Kindle Unlimited」 もっとピアノが上達したいあなたへ

 

「Kindle Unlimited」をご存知ですか?

私が執筆している数百冊のピアノ関連書籍に加え、

200万冊以上のあらゆる電子書籍が読み放題になるサービスです。

「初回30日間無料トライアル」を使って、

ピアノをもっと深く学んでみませんか?

もし合わなければ、いつでもすぐに解約可能です。

 

「初回30日間無料トライアル」はこちら / 合わなければすぐに解約可能!

 


 

Amazon著者ページ
https://www.amazon.co.jp/-/e/B08MVMPNMT?ref_=pe_1206512_179741122

Amazonでご購入いただけますが、

「Kindle Unlimited」に登録している方は

kindle電子書籍が「読み放題」になるのでオススメです。

「無料トライアル」の詳細は以下よりご覧ください。

Twitter
(ピアノの効率的な練習法や、楽曲解釈などお役立ち情報を発信中。)
https://twitter.com/notekind_piano

Youtube
https://www.youtube.com/channel/UCBeXKaDXKd3_oIdvlUi9Czg

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました