【ピアノ】プロは練習時間以外は何をしているのか

スポンサーリンク
本記事では、
あらゆるピアニストのインタビュー記事などを読んだ内容から、
プロが練習時間以外に何をしているのかをご紹介しています。

 

練習時間以外に休んでいたりするのは

当然のことですので、

主に、

「音楽家としての糧になる行動として何をしているのか」

ということをご紹介いたします。

 

結論ですが、

多くのピアニストは

練習以外の時間で「教養」を身につけているようです。

「美術」などの他分野の芸術に触れるというケース。

例えば、

知っている方もいらっしゃると思いますが

美術は音楽に比べて歴史が細分化されています。

音楽の場合、

「近現代」などとひとくくりにされていて

その中に

「新古典主義」「新しい単純性」などと

おおづかみの区分があるのみです。

しかし、美術では

「フクシマ以後」などと

本当に近い歴史まで区分が存在するのです。

(今日はちょうど3月11日ですね。)

こういったことを知ったからといって

明日からピアノがうまくなるわけではありません。

しかし、

マルセル・デュシャンが便器の絵を書いただけで

歴史を変えたように、

それぞれの分野で歴史を変えた人物が

なぜ重要だったのかを知ることで

歴史の中で今自分がどの位置に立ってるのかを

知ることができます。

また、

「上達する」ということは

「色々な方と会う機会が増える」

ということです。

そうすると

不意にさまざまな話題をふられます。

その時に、

「入り口の話題も何もわかりません」

という状態だと

そこで会話が終わってしまいます。

 

「練習をしつつも、残りの時間で教養を身につける」

これは

たとえ趣味でピアノを演奏する方にとっても

プラスになることばかりでしょう。

 


 

Amazon著者ページ
https://www.amazon.co.jp/-/e/B08MVMPNMT?ref_=pe_1206512_179741122

Amazonでご購入いただけますが、

「Kindle Unlimited」に登録している方は

kindle電子書籍が「読み放題」になるのでオススメです。

「無料トライアル」の詳細は以下よりご覧ください。

Twitter
(ピアノの効率的な練習法や、楽曲解釈などお役立ち情報を発信中。)
https://twitter.com/notekind_piano

Youtube
https://www.youtube.com/channel/UCBeXKaDXKd3_oIdvlUi9Czg

コメント

タイトルとURLをコピーしました