【ピアノ】修正すべき、指のフォームの実例

本記事では、
「親指」に焦点を当てて
「修正すべき、指のフォームの実例」を紹介しています。
無意識に起きがちな例ですので、
今一度チェックしてみましょう。

 

写真を見てください。

親指の写真ですが、

演奏中に

このように関節から先の指先を反ってしまうのは

改善すべき例です。

 

このように親指を反ったままで

手首を振ってみてください。

思うように振れないですよね。

 

一方、反りを開放してから

手首を振ってみてください。

とても柔軟に手首が触れるはずです。

 

つまり、

「親指を反るとそれだけで手首を固定してしまっている」

ということです。

 

演奏中、無意識に反ってしまっていませんか?

もしクセになってしまっている方は

意識的に修正してみましょう。

 

一方、

親指の場合は

「指の横側」

で打鍵することが多いため、

反ることで鍵盤に触れる面積が大きくなります。

したがって、

「細い黒鍵を強く打鍵するとき」などに

ミスタッチを避ける目的で

わずかに取り入れることは

プロでもおこなっています。

それを不要な時にもおこなうことは

避けなければいけません。

 

細かなことですが、

ピアノは

「細かな奏法、解釈」などが積み重なることで

一つの演奏を生むという、

とても繊細なものです。

もし、あなたが

これから少しでも上を目指したい場合は、

「こんなことまで考えないといけないの?」

というような細かなことにも

向き合っていくべきなのです。

 

そうすることで、

上達を目指せるだけでなく

「手の故障を防止すること」

にもつながってきます。

 

手の骨格のことも考慮に入れて

テクニックについて解説された以下の参考書があります。

奏法について根本的な部分からみていく書籍ですので

根気のあるかたは

是非参考にしてみてください。

 

◉正しいピアノ奏法―美しい音と優れたテクニックをつくる
脳・骨格・筋肉の科学的研究による革新的メソッド

 


 

Amazon著者ページ
https://www.amazon.co.jp/-/e/B08MVMPNMT?ref_=pe_1206512_179741122

Twitter
(ピアノの効率的な練習法や、楽曲解釈などお役立ち情報を発信中。)
https://twitter.com/notekind_piano

Youtube
https://www.youtube.com/channel/UCBeXKaDXKd3_oIdvlUi9Czg

コメント

タイトルとURLをコピーしました