【ピアノ】必ずしも「歌う = 強く弾く」ではない

スポンサーリンク
本記事を通し、
ピアノで「歌う」ということについて考えてみましょう。

 

注 : 本記事で譜例を取り上げている作品は

パブリックドメインになっている作品です。

出版社が独自につけたアーティキュレーションなど

権利に関わる部分は一切表示しておりません。

譜例はFinaleで作成したものです。

 

ある箇所で歌おうと思うと、

どうしても

「強く」弾いてしまうことが多いと思います。

安心してください。

その方法は決して間違っていません。

一方、

歌う方法を他にも覚えておくと

表現の幅が広がります。

 

そのうちの一つを

先日記事にしたのですが、

再度ご覧に入れておきましょう。

 

ショパン「ポロネーズ第1番 嬰ハ短調 作品26-1」

譜例(Finaleで作成、73小節目)

ここでは右手のメロディに「アクセント」がついていますが、

強く弾いてしまうと何だかしっくりきませんよね。

そこで、

「アクセントの付いている音に少しだけ長くとどまる」

と解釈するのがいいでしょう。

「強調の仕方」もダイナミクスだけではないのです。

このように、

「フレーズを明確にするためにはどうやって音を扱っていいか」
「どのように時間を使ったらいいか」

を考えることで、

勝手にアゴーギクがついてくれます。

この方法をとることで

強くしなくても歌うことができます。

 

どのような方法で歌うかは

作品のタイプや前後関係などによって

ご自身で判断していかなくてはいけません。

そのためにも

いくつかの手を知っておくことは

プラスになることでしょう。

 

ショパン「ポロネーズ第1番 嬰ハ短調 作品26-1」

について学びたい方は

以下の電子書籍をご覧ください。

 


 

Amazon著者ページ
https://www.amazon.co.jp/-/e/B08MVMPNMT?ref_=pe_1206512_179741122

Amazonでご購入いただけますが、

「Kindle Unlimited」に登録している方は

kindle電子書籍が「読み放題」になるのでオススメです。

「無料トライアル」の詳細は以下よりご覧ください。

Twitter
(ピアノの効率的な練習法や、楽曲解釈などお役立ち情報を発信中。)
https://twitter.com/notekind_piano

Youtube
https://www.youtube.com/channel/UCBeXKaDXKd3_oIdvlUi9Czg

コメント

タイトルとURLをコピーしました