【ピアノ】左手によるサポートを忘れずに

スポンサーリンク
本記事では、
演奏において忘れられがちな点について取り上げています。

 

比率的に多くの方は「右利き」だと言われています。

さらに、

ピアノ曲では一部の楽曲を除けば

右手にメロディが来ることが多いですよね。

そういったことが原因となっているのか、

クレッシェンドなどの表現を

メロディだけで(利き手だけで)

おこなってしまう演奏が多いと感じます。

あえてメロディだけにクレッシェンドが書かれている楽曲は

それで良いのですが、

左手の存在も忘れないようにしましょう。

表現のサポートをしてくれるのが左手です。

「クレッシェンドの時にメロディだけで盛り上げずに、
伴奏も一緒にクレッシェンドする」

などといったように、

それぞれの表現に関連性を持たせてあげるといいでしょう。

 

また、

右手が「超高音域」に位置しているとき、

強く打鍵すると音がカンカンになりますよね。

そういった時には、

右手はややおさえて打鍵し

逆に左手の方を骨太の音で打鍵すると

倍音で右手もよく響きます。

カンカンも気にならなくなります。

この方法が使える楽曲は沢山ありますので

ぜひ覚えておきましょう。

 


 

Amazon著者ページ
https://www.amazon.co.jp/-/e/B08MVMPNMT?ref_=pe_1206512_179741122

Amazonでご購入いただけますが、

「Kindle Unlimited」に登録している方は

kindle電子書籍が「読み放題」になるのでオススメです。

「無料トライアル」の詳細は以下よりご覧ください。

Twitter
(ピアノの効率的な練習法や、楽曲解釈などお役立ち情報を発信中。)
https://twitter.com/notekind_piano

Youtube
https://www.youtube.com/channel/UCBeXKaDXKd3_oIdvlUi9Czg

コメント

タイトルとURLをコピーしました