【30秒で学べる】ドビュッシー「小さな黒人」ワンポイントレッスン

スポンサーリンク

 

ドビュッシー「小さな黒人(ケークウォーク)」ワンポイントレッスン

譜例(PD楽曲、Finaleで作成、16-21小節)

多くのピアニストが

「Un peu retenu」の箇所を mp でスタートして

だんだん遠ざかっていくように演奏しています。

一方、

直前の f がそのまま続いていると考え、

Un peu retenu を強くから始める」

というのも

一つの解釈としてはアリでしょう。

 

「Un peu retenu(すぐに少し遅く)」

の文字通り、

テンポをゆるめるのは少しにしておくのが得策。

まだ楽曲の前半ですので、

あまりにもゆるめてしまうと

段落感がつきすぎてしまうからです。

 

【ドビュッシー「小さな黒人を更に学びたい方へ】
以下の電子書籍を参考にしてください。

◉ 大人のための独学用Kindleピアノ教室 [ドビュッシー 小さな黒人] 徹底攻略

 


 

Amazon著者ページ
https://www.amazon.co.jp/~/e/B0CCSDF4GV

Twitter
https://twitter.com/notekind_piano

Youtube
https://www.youtube.com/channel/UCBeXKaDXKd3_oIdvlUi9Czg

 


 

無料トライアルで読み放題「Kindle Unlimited」

 

筆者が執筆しているピアノ関連書籍に加え、

200万冊以上のあらゆる電子書籍が読み放題になるサービスです。

 

「初回30日間無料トライアル」はこちら / 合わなければすぐに解約可能!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました