【ピアノ】初心者のために:入門にオススメのシューマン作品「3選」

スポンサーリンク

 

♬ シューマンの作品に入門したい!

♬ 初級者でも弾ける作品の中からオススメを知りたい!

♬ 発表会映えする作品の中から教えて欲しい!

 

こういった「知りたい」情報を全部集めました。

 

注 : 本記事で譜例を取り上げている作品は
パブリックドメインになっている作品です。
出版社が独自につけたアーティキュレーションなど
権利に関わる部分は一切表示しておりません。
譜例はFinaleで作成したものです。

 

記事の信頼性

 

筆者は、音楽大学の学部および大学院を作曲専攻で修了し、

修士号(音楽)を取得しています。

また、音楽大学および音楽専門学校での指導経験も豊富です。

 

■誰に向けた記事か

 

シューマンに入門したいというあなたへ、

初心者でも演奏できる楽曲を3作品チョイスしました。

 

短くて音楽的な名曲の中から、

「初級者レベル」に限定してオススメを3作品ご紹介します。

どれもブルグミュラー25の練習曲程度で弾けます。

 「トロイメライに挑戦したいけど、まだちょっと難しいなあ…」

という方は、

本記事の楽曲からアプローチしてみましょう。

 

先に結論だけを書いてしまうと、

今回のご紹介する作品は、

「兵士の行進 Op.68-2」
「勇敢な騎手 Op.68-8」
「楽しき農夫 Op.68-10」

これら3作品です。

 

選曲の基準として、以下の3つのことを考慮しました。

「初心者でも弾きやすく、曲尺が短いこと」
「楽譜が手に入りやすいこと」
「手が大きくなくても問題なく演奏できる作品であること」

 

「楽曲の推しポイント」
「プロによる参考音源」
「楽譜選び」

などもご覧に入れていきますので、

ここで満足せずに

本記事の続きを読み進めてみてください。

 

■初心者のために:入門にオススメのシューマン作品「3選」

♬ 兵士の行進 Op.68-2

ユーゲントアルバム(子どものためのアルバム)より「兵士の行進 Op.68-2」

 

この楽曲の特徴は、

「楽曲の最初から最後まで、両手のリズムがまったく同じ」

ということにあります。

それぞれの手で異なる複雑な動きは一切出てきません。

 

曲調は明るく

楽しく演奏できるので、

大人はもちろん、お子様用の教材としてもオススメできます。

 

単純そうに見えますが、

さらりと属調に部分転調していたりと

聴衆を飽きさせない工夫がされています。

 

演奏時間は約50秒程度。

 

PRINTGAKUFU」に公式で参考演奏がアップされています。

◉兵士の行進 / R. Schumann : ピアノ(ソロ) 

兵士の行進 / R. Schumann : ピアノ(ソロ) / 初~中級

 

楽譜は「ユーゲントアルバム」を曲集ごとを買うのもいいですが、

単曲のデジタルデータ(PDF)で手に入れたい方は、

「ぷりんと楽譜」を利用するのもオススメです。

(URLをクリックしていただくと

「ぷりんと楽譜」の該当ページにリンクできます。)

» 兵士の行進(R. Schumann) /ピアノ(ソロ)

 

♬ 勇敢な騎手 Op.68-8

ユーゲントアルバム(子どものためのアルバム)勇敢な騎手 Op.68-8

 

続いては、先ほどの楽曲とは少し雰囲気が異なる作品。

「6/8拍子」「短調」「Vivace」です。

 

「短調かつ、テンポの速い作品」というのは独特のカッコ良さがあり、

好む学習者も多いですね。

 

「勇敢な騎手」「勇敢な騎士」「乱暴な騎手」「乱暴な騎士」

などとさまざまなタイトルで呼ばれることもあります。

 

「テンポが速い」という部分を除けば

技術的に困難な内容は出てきませんし、

あまり手が大きくない方でも問題なく演奏できます。

 

演奏時間は約40秒程度。

 

PRINTGAKUFU」に公式で参考演奏がアップされています。

◉勇敢な騎手 / R. Schumann : ピアノ(ソロ)

勇敢な騎手 / R. Schumann : ピアノ(ソロ) / 初級

 

楽譜は「ユーゲントアルバム」を曲集ごとを買うのもいいですが、

単曲のデジタルデータ(PDF)で手に入れたい方は、

「ぷりんと楽譜」を利用するのもオススメです。

» 勇敢な騎手(Robert Alexander Schumann) /ピアノ(ソロ) 

 

♬ 楽しき農夫 Op.68-10

ユーゲントアルバム(子どものためのアルバム) 楽しき農夫 Op.68-10

 

最後に、少し柔らかめの作品をご紹介します。

本記事で取り上げている3曲中、もっとも広く知られている作品。

技術的には

「左手でメロディを演奏し、右手で伴奏する」

という要素が曲頭から出てきますが、

やっていること自体はシンプルですので

丁寧に練習すれば初心者でも問題なく演奏できるでしょう。

 

このような、

「メロディが伸びているところで伴奏を刻む」

という手法を「補足リズム」といい、

特に、リトミックの教程ではよく話題になります。

補足リズムは

ピアノアレンジをする際にも非常に有効に使えますので

余裕が出てきたら

そういった観点でながめてみるのもいいでしょう。

 

演奏時間は約40秒程度。

 

PRINTGAKUFU」に公式で参考演奏がアップされています。

◉楽しき農夫 / Robert Alexander Schumann : ピアノ(ソロ)

楽しき農夫 / Robert Alexander Schumann : ピアノ(ソロ) / 初級

 

楽譜は「ユーゲントアルバム」を曲集ごとを買うのもいいですが、

単曲のデジタルデータ(PDF)で手に入れたい方は、

「ぷりんと楽譜」を利用するのもオススメです。

» 楽しき農夫(R. Schumann) /ピアノ(ソロ)

 


 

本記事はここまでです。

どの作品も同難易度の作品の中にあって演奏効果が高いものであり、

発表会映えすること間違いなしです。

少しでも気になった作品があったら

今すぐ挑戦してみましょう。

 


 

無料トライアルで読み放題「Kindle Unlimited」 もっとピアノが上達したいあなたへ

 

「Kindle Unlimited」をご存知ですか?

私が執筆している数百冊のピアノ関連書籍に加え、

200万冊以上のあらゆる電子書籍が読み放題になるサービスです。

「初回30日間無料トライアル」を使って、

ピアノをもっと深く学んでみませんか?

もし合わなければ、いつでもすぐに解約可能です。

 

「初回30日間無料トライアル」はこちら / 合わなければすぐに解約可能!

 


 

Amazon著者ページ
https://www.amazon.co.jp/-/e/B08MVMPNMT?ref_=pe_1206512_179741122

Amazonでご購入いただけますが、

「Kindle Unlimited」に登録している方は

kindle電子書籍が「読み放題」になるのでオススメです。

「無料トライアル」の詳細は以下よりご覧ください。

Twitter
(ピアノの効率的な練習法や、楽曲解釈などお役立ち情報を発信中。)
https://twitter.com/notekind_piano

Youtube
https://www.youtube.com/channel/UCBeXKaDXKd3_oIdvlUi9Czg

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました