【ピアノ】なぜ、古典以前の作品にはメトロノーム速度指示がないのか

スポンサーリンク
本記事では、
メトロノームの歴史を
少しだけかじっています。
ちょっとした雑学程度のことですが
知ることで楽譜の見え方が変わるでしょう。

 

さまざまな楽曲に触れていると

古典派以前の楽曲にはメトロノーム速度指示がないことに

気がつくと思います。

あったとしても、それは編集で書き足されたもの。

 

では、どうしてこのようになっているのでしょうか。

理由はシンプルで

その時代には

まだメトロノームは発明されていなかったからです。

 

メトロノームは

振子の原理を応用して

1812年にオランダ人のヴィンケルが発明。

ドイツ人のメルツェルがそれを改良して

1816年に特許を取得しています。

ときどき見られる「M.M.」は

メトロノーム・メルツェルの略。

 

今の時代に当たり前になっていることって

あたかもずっと存在していたように思いがちですが、

実はメトロノームの歴史も

それほど深くないのが意外ですね。

 


 

Amazon著者ページ
https://www.amazon.co.jp/~/e/B0CCSDF4GV

X(Twitter)
https://twitter.com/notekind_piano

YouTube
https://www.youtube.com/channel/UCBeXKaDXKd3_oIdvlUi9Czg

 


 

無料トライアルで読み放題「Kindle Unlimited」

 

筆者が執筆しているピアノ関連書籍に加え、

数多くの電子書籍が読み放題になるサービスです。

 

Kindle Unlimited 読み放題 無料トライアル

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました