【ピアノ】カンタンにチェックできる中指の脱力

スポンサーリンク
本記事では、
中指の脱力における
良くないクセを見抜く方法をご紹介しています。

 

チェックの仕方はカンタンです。

右手の「人差し指」「薬指」

白鍵上の3度音程を押さえてみましょう。

「Doナチュラル、Miナチュラル」

など、

「長短3度音程」でしたら

どこでも構いません。

 

この時に、

手を見てみてください。

中指が突っ張ってしまっていませんか?

または

突っ張るまではいかなくても

必要以上に上がってしまっていませんか?

 

該当する場合は、

中指の力をゆるめてみてください。

 

この「突っ張るクセ」は

特に「中指」で起きやすく、

他指のコントロールのしやすさに

影響を与えてしまったり、

積み重なることで手への負担にも繋がります。

さらに、

見栄えもあまり良くありません。

 

「左手」も同様にチェックしてみましょう。

 

これは私自身が

「フィンガートレーニング」

というメソッドの訓練を受けていたときに

自身に起こっていたクセの一つです。

 

意識すれば改善を目指せます。

必要でない箇所に力を入れてしまうクセは

早めにチェックしておきましょう。

 


 

Amazon著者ページ
https://www.amazon.co.jp/-/e/B08MVMPNMT?ref_=pe_1206512_179741122

Amazonでご購入いただけますが、

「Kindle Unlimited」に登録している方は

kindle電子書籍が「読み放題」になるのでオススメです。

「無料トライアル」の詳細は以下よりご覧ください。

Twitter
(ピアノの効率的な練習法や、楽曲解釈などお役立ち情報を発信中。)
https://twitter.com/notekind_piano

Youtube
https://www.youtube.com/channel/UCBeXKaDXKd3_oIdvlUi9Czg

コメント

タイトルとURLをコピーしました