【ピアノ】目の前の作品に集中するために

スポンサーリンク
本記事では、
目の前の作品に集中するために
学習者が自身に合ったスタイルを見つけることの大切さを
お伝えしています。

 

小澤征爾さんの著書「おわらない音楽 私の履歴書」(日本経済新聞出版)

に下記の重要な文があります。

(以下、抜粋)
「今日音楽会でやった曲のことは終わった後にすぐ忘れないと、
次の曲に入っていけない。
目の前のことに集中するにはそれ以外のことはすべて忘れることだ。」
(抜粋終わり)

 

 

もちろん、

「レパートリーの維持」については別の考え方が必要です。

ここで述べられているのは、

「音楽会のために、主に新曲として取り組んでいく作品」

のことでしょう。

 

先日、

ミニマリストの方の考え方を

ピアノ演奏に活かすことを話題にしましたが、

この言葉も

考え方によってはミニマリズムに通ずるものを感じますね。

一つの育てたい樹があるのなら、

それ以外のものは一旦排除して

育てたいものに集中する。

 

学習者によって

自身の性格や特性は様々ですので、

中には、

一度にいくつかの作品を並行した方が

練習がはかどる方もいらっしゃるでしょう。

いくつかの方法を試してみた上で

自身に最適な方法を探していきましょう。

 


 

Amazon著者ページ
https://www.amazon.co.jp/~/e/B0CCSDF4GV

Twitter
https://twitter.com/notekind_piano

Youtube
https://www.youtube.com/channel/UCBeXKaDXKd3_oIdvlUi9Czg

 


 

無料トライアルで読み放題「Kindle Unlimited」

 

筆者が執筆しているピアノ関連書籍に加え、

200万冊以上のあらゆる電子書籍が読み放題になるサービスです。

 

「初回30日間無料トライアル」はこちら / 合わなければすぐに解約可能!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました