【ピアノ】脱力の基本は「無駄な動きを減らすこと」

スポンサーリンク
本記事では、
先日から連続でご覧にいれている
「脱力」に関する内容について、
基本的な事項を追加でご紹介しています。

 

脱力の基本は

「無駄な動きを減らすこと」

と言えます。

知らず知らずのうちに

クセで無駄な動きをつけてしまっていませんか?

例えば、

「無意識に体を大きく振る」

「手首を必要以上に回す」

「弾き始める前に手でカウントをとっている」

「フォルテで打鍵した後に上半身を跳ね上げている」

などなど。

 

これらのような項目を見てみると

すぐに気づくことがあります。

「脱力とは反対方向へ向かっているクセ」

となってしまっているのです。

 

脱力というのは本来、

自然なフォームから生まれます。

最終的に身体の動きが入ることは

全てが悪いわけではありません。

しかし、

演奏のために本当に必要な動きと

そうでない動きを

一度区別してみる必要があります。

 

そうすることで

脱力に関するさまざまな考え方に取り組んでいく上で

より効率よく実践していけるでしょう。

 

脱力に限らず、

無駄な動きは音楽自体からも遠ざかります。

自分の音をよく聴けなくなる可能性があるからです。

 

素直に鍵盤と向かい合って

素直に音を出してみる。

まずはここからスタートしましょう。

 


 

Amazon著者ページ
https://www.amazon.co.jp/-/e/B08MVMPNMT?ref_=pe_1206512_179741122

Amazonでご購入いただけますが、

「Kindle Unlimited」に登録している方は

kindle電子書籍が「読み放題」になるのでオススメです。

「無料トライアル」の詳細は以下よりご覧ください。

Twitter
(ピアノの効率的な練習法や、楽曲解釈などお役立ち情報を発信中。)
https://twitter.com/notekind_piano

Youtube
https://www.youtube.com/channel/UCBeXKaDXKd3_oIdvlUi9Czg

コメント

タイトルとURLをコピーしました