【ピアノ】ワルツ : 楽曲分析の基礎

スポンサーリンク
本記事では、
「ワルツの楽曲分析」へ入っていく前の段階で
必ず踏まえておきたい事項を
紹介しています。

 

ワルツにはさまざまな作品がありますが、

比較的多くの作品に言えることがあります。

それは、

「ワルツは大体4小節単位でできている」

ということ。

 

単純なことではありますが

これは楽曲分析にとって役に立つのです。

具体的には、

① 楽曲分析の最初に、4小節ずつ線を入れていく
② 4小節単位になっていないところだけチェックする
③ 4小節単位になっていないところは、縮小されているのか、拡大されているのか確認する

 

こういったことをおこなっておくだけで、

縮小や拡大を見抜けるうえに、

後ほど暗譜をスムーズに進められます。

 

余談ですが、

指揮者が「速いワルツ」を「1つ振り」で指揮することがありますよね。

あの感覚、ピアノ演奏にすごく役に立ちます。

音楽を「タテ割り」ではなく

「カタマリ」で捉えていくことで、

音楽が前に転がっていくのです。

 


 

Amazon著者ページ
https://www.amazon.co.jp/~/e/B0CCSDF4GV

Twitter
https://twitter.com/notekind_piano

Youtube
https://www.youtube.com/channel/UCBeXKaDXKd3_oIdvlUi9Czg

 


 

無料トライアルで読み放題「Kindle Unlimited」

 

筆者が執筆しているピアノ関連書籍に加え、

200万冊以上のあらゆる電子書籍が読み放題になるサービスです。

 

「初回30日間無料トライアル」はこちら / 合わなければすぐに解約可能!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました