【ピアノ】ペダルの深すぎに気付ける耳をもとう

スポンサーリンク
ペダルが深すぎて濁っていても気付かずにいる演奏って、
結構耳にします。
弾いている自分の耳で
それに気付けるようになるのが理想です。

 

練習している曲の楽譜に

ペダル記号が書かれている場合もあると思いますが、

近現代の一部の作品でもない限り

どれくらいの深さ(厚さ)で踏むかは

書かれていません。

 

ペダル記号が書かれているからといって

いつも最深まで踏み込んでいると

音響が濁ってしまうことがあります。

例えば、次のような例。

 

ショパン「ワルツ第6番 変ニ長調 作品64-1(小犬)」

譜例(PD楽曲、Finaleで作成、5-8小節)

多くの版では

このようにペダル記号が書かれていますが、

これを最深の踏み込みでペダリングすると

グワングワンに濁ってしまいます。

テンポを相当速く弾けば

多少軽減されたように聴こえますが

やはり、

ペダルを浅め(薄め)にすることも必要でしょう。

 

ちなみに、筆者自身は

この譜例の箇所では

いっそのことノンペダルでいくのもアリだと考えています。

 

この例とともにお伝えしたかったのは

「ペダルの深すぎに気付ける耳をもとう」

ということ。

 

ペダルが深すぎて濁っていても気付かずにいる演奏って、

結構耳にします。

◉ 楽譜に書かれているペダル記号を、そのまま鵜呑みにしない
◉ その通り踏む場合でも、踏み込む深さを良く考える

このふたつを踏まえたうえで

耳をよく使いながら演奏していきましょう。

 

 


 

Amazon著者ページ
https://www.amazon.co.jp/~/e/B0CCSDF4GV

Twitter
https://twitter.com/notekind_piano

YouTube
https://www.youtube.com/channel/UCBeXKaDXKd3_oIdvlUi9Czg

 


 

無料トライアルで読み放題「Kindle Unlimited」

 

筆者が執筆しているピアノ関連書籍に加え、

数多くの電子書籍が読み放題になるサービスです。

 

「初回30日間無料トライアル」はこちら / 合わなければすぐに解約可能!

コメント

タイトルとURLをコピーしました