【ピアノ】同じ指による同音連打の奏法基礎

スポンサーリンク
本記事では、
同音連打の中でも
「同じ指で打鍵する場合」の奏法基礎について
解説しています。

 

本記事で取り上げている作品は

パブリックドメインになっている作品です。

出版社が独自につけたアーティキュレーションなど

権利に関わる部分は一切表示しておりません。

譜例はFinaleで作成したものです。

 

具体例をひとつあげますが、

楽曲が変わっても考え方は応用できます。

シューマン「謝肉祭 作品9 より 14. 再会」曲頭の右手

同音連打では、

「321321」「212121」

などと指をかえて演奏する場合もありますが、

この楽曲では、

上声部のメロディも同時に演奏するので

全て親指で同音連打していくことになります。

こういったケースで意識すべきことは

「指の各関節をとめて、付け根からの動きで打鍵する」

ということです。

(「とめる」というのは

「押してもフニャリとならないようにする」という意味です。)

この奏法に慣れておくことで

テンポが速い楽曲の場合でも効率よく打鍵できます。

(再掲)

また、この譜例のようなパッセージの場合、

連打に一生懸命になってしまいがちで

その結果、

「腕で鍵盤を押し付けてしまっていないかどうかの注意」

が必要です。

むしろ、

「上声部のメロディの方に手の重心がくるようにして打鍵していく」

こうした方が

下声部の同音連打も安定します。

 

同じ指で同音連打をする場合のポイントをまとめます。

◉指の各関節をとめて、付け根からの動きで打鍵する
◉連打に必死になった結果、腕で鍵盤を押し付けてしまわないように
◉(この譜例の場合は)
上声部のメロディの方に手の重心がくるようにして打鍵する

 

スタッカート奏法について学びたい方は

以下の電子書籍を参考にしてください。

◉「大人のための欲張りピアノ」シリーズ テクニック-基礎と応用- 3冊セット

 


 

Amazon著者ページ
https://www.amazon.co.jp/-/e/B08MVMPNMT?ref_=pe_1206512_179741122

Amazonでご購入いただけますが、

「Kindle Unlimited」に登録している方は

kindle電子書籍が「読み放題」になるのでオススメです。

「無料トライアル」の詳細は以下よりご覧ください。

Twitter
(ピアノの効率的な練習法や、楽曲解釈などお役立ち情報を発信中。)
https://twitter.com/notekind_piano

Youtube
https://www.youtube.com/channel/UCBeXKaDXKd3_oIdvlUi9Czg

コメント

タイトルとURLをコピーしました