【ピアノ】チェック用レパートリーを持とう

スポンサーリンク
本記事では、
どんな会場のどんなピアノにも対応するための
ちょっとしたヒントをお伝えしています。

 

「チェック用レパートリー」とは、

いわゆる、熟知した「リファレンス楽曲」のこと。

新しいピアノに触れるとき

いつも慣れていて熟知している楽曲を弾くことで

そのピアノのコンディションを正しく把握出来ます。

コンディションチェックに失敗すると

弱奏で鍵盤が下りても音が出ずにすっぽ抜けたり、

強奏でタイミングが合わずに鳴り損なったりしてしまいます。

 

リハーサルなどで

ピアノに触れる時間が極端に短い場合は

その日に演奏する楽曲を弾くことがほとんどでしょう。

しかし、

本番の回数が増えれば増えてくるほど、

当日初めて出逢うピアノのコンディションチェックに

頭を悩ますことになります。

 

そういったときに、

チェック用レパートリーが力を発揮します。

また、

いつも慣れていて熟知している楽曲を弾くことで

ピアノの把握だけでなく

日頃の練習のはじめに

自分自身のコンディションを把握するのにも有効。

指慣らし用の楽曲と共用したりと

工夫の幅には限りがありません。

 

チェック用レパートリーは

すでにある自身のレパートリーの中から選ぶのでも構いませんが、

できる限り

「弱奏と強奏の両方が出てくる、短めの楽曲」

この条件を満たしている作品から選曲しましょう。

 


 

Amazon著者ページ
https://www.amazon.co.jp/~/e/B0CCSDF4GV

Twitter
https://twitter.com/notekind_piano

Youtube
https://www.youtube.com/channel/UCBeXKaDXKd3_oIdvlUi9Czg

 


 

無料トライアルで読み放題「Kindle Unlimited」

 

筆者が執筆しているピアノ関連書籍に加え、

200万冊以上のあらゆる電子書籍が読み放題になるサービスです。

 

「初回30日間無料トライアル」はこちら / 合わなければすぐに解約可能!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました