【ピアノ】立体的な演奏をするカギは「お皿!?」

本記事では、
「立体的な演奏をするために必要な考え方」
の一番の基礎を解説しています。
あらゆる楽曲で応用できる考え方です。

 

次の譜例を見てください。

例えば、譜面左のようなアルペジオがあるとします。

よくある伴奏形ですね。

一方これらの音は、

ただ単に均等なダイナミクスバランスで弾いてしまうと

音楽的ではありません。

それではただの「音のられつ」になってしまいます。

 

では、譜例右を見てください。

譜例左を声部分けしたものです。

(再掲)

実際はこのように、

「バスライン」

がダンパーペダルで残っていますよね。

(譜例の見やすさを優先していますが、厳密には他の音も残ります。)

これが理解できれば、

「他の音よりも、全音符のバス音をやや深めに演奏した方がバランスがいい」

ということがわかるはず。

バス音の響きが「音響の支え」となり、

その上に他の音が乗ってくるからです。

つまり、バス音は「お皿」

小さなお皿の上に食べ物をのせても

こぼれ落ちてしまいますが、

「深い音(大きめのお皿)」

にすることで、

「上にのせた音(食べ物)」

はしっかりとおさまります。

 

バランスをとるカギ、

立体的な演奏をするカギは

「お皿をイメージすること」

なのです。

 

今取り組んでいる楽曲のあらゆるところで

これを応用してみましょう。

楽曲によっては

譜例のように単純ではなく

必ずしもバスラインを取り出すことが出来ないケースもあります。

しかし、その場合でも必ず、

「今その瞬間に重要な音はどの音なのか」

という視点をもつ必要があります。

「メロディ」が重要なのはいうまでもありません。

メロディ意外の要素の中でも優先順位をつけるのです。

(再掲)

「メロディ意外の要素の中でも優先順位をつける」

というのは、つまり、

「伴奏一つをとっても譜例のように立体的に考える」

ということ。

「立体的に考えてバランスをとること」
イコール
「優先順位を決めること」

とも言えます。

 

多くの作曲家は

譜例左のように簡潔な形での記譜しかしてくれていません。

全ての箇所を譜例右のように記譜してしまうと

楽譜が一見ゴチャゴチャしてしまうからです。

譜例左でもわかってくれるでしょうということで

多くの場合は

「譜面上整理されているほう」

が優先されるのです。

(譜面というのは利便性も重視されるため。)

 

こういった、

「あらゆる楽曲に応用できる基礎」

について学びたい方は

私がAmazon kindleで出版している、

「大人のための欲張りピアノ ツェルニー100番で学ぶ 革命的楽曲解釈!!」

を参考にしてみてください。

この書籍では、

「ツェルニー100番より第3番」を教材に、

重箱の隅を突くような

細かな解釈と分析を行う様子をご覧に入れています。

こういった過程を通して、

ご自身の引き出しを少しづつ増やしていくことで、

難しい楽曲に取り組む際にも

一人で音楽的な演奏にたどり着く力がついてきます。

 


 

Amazon著者ページ
https://www.amazon.co.jp/-/e/B08MVMPNMT?ref_=pe_1206512_179741122

Twitter
(ピアノの効率的な練習法や、楽曲解釈などお役立ち情報を発信中。)
https://twitter.com/notekind_piano

Youtube
https://www.youtube.com/channel/UCBeXKaDXKd3_oIdvlUi9Czg

コメント

タイトルとURLをコピーしました