【ピアノ】メカニック面以外での重要な “テクニック” とは?

本記事では、
「メカニック面以外での重要な “テクニック”」
について解説しています。
ここでの「メカニック面」とは、
「指を速く動かすこと」を指しています。
では、
「メカニック面以外での重要な “テクニック”」とは
とのようなテクニックなのでしょうか。

 

「今取り組んでいる楽曲で “出したい音(色)” 」

を想像してみてください。

「モーツァルトの緩徐楽章のフォルテ」

だったら、

「柔らかく丸い音や、深くひびくフォルテ」

かもしれません。

「プロコフィエフのフォルテ」

だったら

「モーツァルトよりは立ち上がりの鋭いフォルテ」

かもしれません。

演奏者によってある程度の差があるでしょう。

 

つまり、

「表現したいこと」

がはっきりすると

「それを表現するために必要なテクニック」

がみえてきます。

そして、それを身につける。

これが「テクニックをまなぶ望ましい手順」です。

「出したい音(色)をピアノで出す」

というのも

大事なテクニックの一つということです。

 

「出したい音(色)をピアノで出す」ために必要なのは、

「出したい音(色)を自分の中で鳴らすこと」

「出したい音(色)を自分の中で鳴らせるようになる」ために必要なのは、

「ピアノが出せる音(色)の可能性を一つでも多く知っておくこと」

そして、

「一曲を深くまなぶこと」

これが欠かせません。

 

「作曲の基礎技法」(シェーンベルク 著)にも

このような重要な一文があります。

(以下、太字斜体部分が引用 p.127より)

良い音楽家になりたいと思うならば、
「内面の耳」、すなわち、耳によるイメージ、
つまり、想像で音楽を聞く能力をそなえていなければならない。

これはつまり、

「出したい音(色)を自分の中で鳴らすこと」

これにほかなりません。

 

出したい音(色)を自分の中で鳴らし、その音をつかみにいくのです。

これは「演奏家」「作曲家」共通の

音楽にとって最も重要な部分。

 

演奏家は、

自分の中に聴こえない音は出せません。

仮に一回だけ出せたとしても

再現性がなく

本番で同じことはできません。

 

作曲家は、

自分の中に聴こえない音は書けません。

「こういう音が欲しい」

と自分の中で鳴るからこそ、

「ではここではこのようなリズムや音色を使って・・」

などといったように

表現と結びついてくるのです。

 

まとめます。

「今取り組んでいる楽曲で “出したい音(色)” を想像する」
「出したい音(色)を自分の中で鳴らせるようになるために、上記のようなことを勉強する」
「テクニックとは “メカニック面” だけでなく、”出したい音(色)を出す” ということも含まれる」

 


 

Amazon著者ページ
https://www.amazon.co.jp/-/e/B08MVMPNMT?ref_=pe_1206512_179741122

Twitter
(ピアノの効率的な練習法や、楽曲解釈などお役立ち情報を発信中。)
https://twitter.com/notekind_piano

Youtube
https://www.youtube.com/channel/UCBeXKaDXKd3_oIdvlUi9Czg

コメント

タイトルとURLをコピーしました