【ピアノ】下へ伸びてから上へ伸びるのが進歩の原則

スポンサーリンク
ある楽曲について
「一度学習し終わった」と思ったら、
そこからがさらなる学習のスタートと言えます。
詳しくは、本記事をご覧ください。

 

本番の機会があることは良いことなのですが、

1度本番にあげた楽曲を

それのみで終わらせずに

別の本番にもあげることを

試してみてください。

 

はじめての本番に間に合わせたくらいの学習量だと

まだ楽曲を自分のものにできていないことも多いはずですが、

多くの学習者は

本番というひとつの区切りが終わると

その作品に満足してしまい

他のものへ手を出してしまう。

「ある程度学習が済んだここから先に、いちばんの収穫があるのに」

と思ってしまうのです。

 

身体へ音が入ってきて

音楽もある程度理解できている状態までくると、

さらなる音楽の追求と

ちょっとした音の出し方などの細かなことに

もっと注意を向けることができるようになります。

 

 【ピアノ】本番で弾かない曲を暗譜する利点

という記事では

「暗譜をすることで、楽曲を深く理解できるようになる」

と書きましたが、

暗譜をする(くらい覚えている)ことで、

「細かなことに注意を向けて集中する余裕ができる」

という利点もあるのです。

 

「一度学習し終わった」と思ったら、

そこからがさらなる学習のスタートと言えます。

それまでは土の中に根を張っている状態。

まだ下に伸びているだけなので

土台はできていきますが

それほど大きな成長はありません。

 

しかし、

いったん根が張り終われば

あとは上へ伸びていくだけ。

その段階が、

細かなことに注意を向けて集中する余裕ができてからの部分です。

 

大事にしていきたい作品のみでもOKなので、

別の本番にもあげることを試して

上へ伸びていく過程も意識してみましょう。

 


 

Amazon著者ページ
https://www.amazon.co.jp/~/e/B0CCSDF4GV

Twitter
https://twitter.com/notekind_piano

YouTube
https://www.youtube.com/channel/UCBeXKaDXKd3_oIdvlUi9Czg

 


 

無料トライアルで読み放題「Kindle Unlimited」

 

筆者が執筆しているピアノ関連書籍に加え、

数多くの電子書籍が読み放題になるサービスです。

 

「初回30日間無料トライアル」はこちら / 合わなければすぐに解約可能!

コメント

タイトルとURLをコピーしました