【ピアノ】自分なりの表現図形を考えて書き込もう

スポンサーリンク
「この音を強く」
「この音を弱く」
などと日本語で書き込むよりも、
自分で考えた図形や記号を書き込むほうが
結果として音楽的な演奏に近づきます。

 

音楽表現に関する各種図形というのは

決まったものがあります。

例えば、

◉ クレッシェンドやデクレッシェンドの松葉
◉ スラーの曲線
◉ トリルの波線

など、他にもあらゆるものが使われていますね。

 

ただ、

これは一般的に共通して使われているものであって

学習のために自分で楽譜へ書き込むための記号であれば

みずからつくってしまってもOK。

そのほうが

ひと目で音楽が捉えやすくなるのであれば

むしろ推奨すべきこと。

 

例えば、以下の図形を見てください。

 

(図形、Finaleで作成)

自分でつくったというよりも

現代音楽の世界ではときどき目にするものですが、

これは

後ろ寄りのクレッシェンドを視覚的に理解できるように

定番的な松葉を少し変形したもの。

 

後ろ寄りのクレッシェンドをすべき

だと思ったところがあれば、

そこに書かれているクレッシェンドへ上書きするように

書き込んでみるのです。

自分の学習をはかどらせるために

自分の楽譜へ書き込むだけなので

何でもアリ。

 

他にも、

例えば「アタックを入れたい音符」の上に

「↓」のような下矢印を書き入れたりなど、

自由に記号や図形を考えて書き込んでみましょう。

 

どうしてこういったことを

オススメしているのかというと、

「この音を強く」

「この音を弱く」

などと、日本語で書き込むよりも

図形や記号のほうが

ずっと視覚的に捉えやすく

かつ音楽的だと感じているからです。

 

テンポをゆるめるときに

「ここから4小節かけてテンポを少しずつ遅くしていく」

などと日本語で書くよりは、

波線を書き込んで

「開始点」「終了点」「ゆるめ方の度合い」

を示したほうが

ずっと良い結果が出てくると思いませんか。

エネルギーの移り変わりも伝わってきますね。

 

「自分なりの図形を考えて、どんどん書き込んでいく」

このやり方を使って

学習を進めてみてください。

演奏が一気に音楽的になるはずです。

 

「”言葉”による書き込み」が役に立つケースもあります。

【ピアノ】効率良い譜読みのポイントは「説明的な書き込み」

という記事を参考にしてください。

 


 

Amazon著者ページ
https://www.amazon.co.jp/~/e/B0CCSDF4GV

Twitter
https://twitter.com/notekind_piano

YouTube
https://www.youtube.com/channel/UCBeXKaDXKd3_oIdvlUi9Czg

 


 

無料トライアルで読み放題「Kindle Unlimited」

 

筆者が執筆しているピアノ関連書籍に加え、

数多くの電子書籍が読み放題になるサービスです。

 

「初回30日間無料トライアル」はこちら / 合わなければすぐに解約可能!

コメント

タイトルとURLをコピーしました