【ピアノ】難曲に挑戦するときに重要なたった一つのポイント

本記事では、
今のあなたの実力からして「難曲」と思われる楽曲に挑戦するときに
心にとめておきたいワンポイントについて解説しています。

 

結論から言います。

「”ここが難しそう” などとあらかじめ予測をたてないこと」

これが重要です。

 

もちろん、

実際に練習をしていくときには

難しい箇所やうまくいかない箇所を取り出して

「部分練習」することも絶対必要になってきます。

一方、私がここで言いたいのは、

「初めてその楽曲の楽譜にふれて譜読みを始める段階」

でのことです。

 

「ここが難しそう」

などと予測を立ててしまうと

そこばかりに一生懸命になり、

それ以外の箇所を丁寧に譜読みすることが

想像以上におろそかになってしまいがちなのです。

これは私の生徒にも多くみられてきた傾向です。

 

最初の段階では

「フラットな目線」

で楽譜と向かい合ってみるほうが

楽曲全体を丁寧に譜読みしていけるでしょう。

譜読みをいい加減にしてしまうと、

後々修正するのがほんとうに大変です。

よく耳にする、

「初期の取り組みが大切」

という言葉は

譜読みにもそのまま当てはまります。


 

Amazon著者ページ
https://www.amazon.co.jp/-/e/B08MVMPNMT?ref_=pe_1206512_179741122

Twitter
(ピアノの効率的な練習法や、楽曲解釈などお役立ち情報を発信中。)
https://twitter.com/notekind_piano

Youtube
https://www.youtube.com/channel/UCBeXKaDXKd3_oIdvlUi9Czg

コメント

タイトルとURLをコピーしました