【ピアノ】指を寝かせてOKなのは大きく2パターン

スポンサーリンク
本記事では、
一般的に改善すべき奏法として知られている
「指を寝かせて弾く奏法」について取り上げています。

 

「指を寝かせて弾く奏法」は

打鍵の効率が良くなく、

特に急速なパッセージを弾く時には推奨できません。

 

また、

「分散和音」が連続する際にも

指を寝かせて弾いてしまうと効率よく打鍵できない上に

音が浮いてしまいます。

 

例えば、

ショパン「op.25-1(エオリアン・ハープ)」

などは、

関節をベタッと伸ばして演奏しがち。

非常に悪い癖がつきやすい楽曲でもあるのです。

 

一方、

「指を寝かせて弾く奏法」

が推奨されるケースが

大きく2パターンあります。

1つ目は、

「大きく跳躍してすぐに黒鍵をつかむとき」

です。

跳躍をした直後というのは

もちろん鍵盤をつかまなくてはいけません。

しかし、黒鍵は細いので、

指に角度をつけたままつかもうとすると

失敗しがちです。

すぐに打鍵しないといけない場合は特にです。

そういった場合は、

指先を伸ばして

面積を広くしてつかむと

成功確率が上がります。

これは、

白鍵よりも一段高くなっていて

尚且つ、

隣の鍵盤まで距離がある黒鍵だからこそできる奏法です。

白鍵でこの奏法をやってしまうと、

隣の鍵盤も下げてしまいますよね。

 

「指を寝かせて弾く奏法」

が推奨されるケースの

2つ目は

「丸い音色を出したいとき」

です。

音色というのは、

「打鍵速度」「打鍵角度」

に影響されます。

指の腹を使って押し込むように打鍵すると、

タテにカツン!と打鍵した場合に比べて

柔らかい音色が出せます。

したがって、

このようなケースの時に、

ある1音だけを狙って

「指を寝かせて弾く奏法」

が使えることがあるのです。

 

よく、

「手は卵形にして!」

という指導を耳にします。

入門者の方に分かりやすく教える場合は

それでいいのですが、

もう少しレベルアップをしてきたら、

卵形はもちろん、

指先を伸ばした場合も

出したい音色に応じて使い分ける必要が出てくるのです。

 

本記事でも取り上げた、

ショパン「エチュード(練習曲)op.25-1 変イ長調」

について学びたい方は以下の電子書籍を参考にしてください。

◉大人のための欲張りピアノ [エオリアン・ハープ] 徹底攻略①

 


 

Amazon著者ページ
https://www.amazon.co.jp/-/e/B08MVMPNMT?ref_=pe_1206512_179741122

Amazonでご購入いただけますが、

「Kindle Unlimited」に登録している方は

kindle電子書籍が「読み放題」になるのでオススメです。

「無料トライアル」の詳細は以下よりご覧ください。

Twitter
(ピアノの効率的な練習法や、楽曲解釈などお役立ち情報を発信中。)
https://twitter.com/notekind_piano

Youtube
https://www.youtube.com/channel/UCBeXKaDXKd3_oIdvlUi9Czg

コメント

タイトルとURLをコピーしました