ペダル

スポンサーリンク
ペダリング

【ピアノ】「遠くで」と書かれていたらどうすればいい?

本記事では、 「音の奥行き(距離感)を出す方法」のうち 基本的な事項を解説しています。 記事の信頼性 筆者は、音楽大学の学部および大学院を作曲専攻で修了し、 修士号(音楽)を取得しています。 ...
演奏方法に迷いやすい記譜

【ピアノ】「ヒゲ(気分のタイ)」の意図とは?

本記事では、 演奏方法に迷いやすい記譜のうち 「ヒゲ(気分のタイ)」について解説しています。 記事の信頼性 筆者は、音楽大学の学部および大学院を作曲専攻で修了し、 修士号(音楽)を取得しています。 ...
ペダリング

【ピアノ】フィンガーペダルの効果的な使い方 4選

♬ フィンガーペダルの概要を知りたい ♬ フィンガーペダルの「使い方」「使いどころ」を知りたい ♬ 具体的な譜例とともに学びたい こういった希望をお持ちの方へ向けて 丁寧に解説しました。 ...
役に立つ練習方法 他

【ピアノ】「和音のレガート」を攻略しよう

♬ 和音のレガートってどうやればいい? ♬ ダンパーペダルで音がつながっていればいい? ♬ 具体的な練習方法はないのかな? こういった疑問に答えます。 記事の信頼性 筆者...
ペダリング

【ピアノ】コレだけ!初心者ペダル運用の注意点

本記事では、 ダンパーペダルを使い始めた初心者に向けて、 コレだけは気をつけようという内容をお伝えしています。 演奏に入るよりも前の段階の注意点を3点集めました。 以前に、 【ピアノ】ダンパーペダルに関する基本的なテク...
ペダリング

【ピアノ】たとえ濁らなくてもペダルを踏まない方が良い場合

本記事では、 ダンパーペダルの使用箇所の決定法について ワンポイントアドバイスをしています。 以前に書いた、 「ペダルを外すことで得られる音響を知ること」 という記事の補足内容です。 ダンパーペダル(以下、ペダル)の使用...
役に立つ練習方法 他

【ピアノ】細かいパッセージの途中で「音色」を変える方法

本記事では、 「楽譜に書かれていないスタッカートを許される範囲で入れてしまうテクニック」 をお伝えしています。 長く続く細かいパッセージの途中で「音色」を変えたければ、 途中から手でスタッカートにしてしまう方法もアリです...
スタッカート

【ピアノ】その意図は?スタッカートとペダルの同時指示

本記事では、 演奏方法に疑問が発生しがちな記譜のうち、 「スタッカートとペダルの同時指示」について解説しています。 これまでに解説してきたことの「復習+追加項目」となっています。 楽譜を見ていると、 譜例のようにメロデ...
ペダリング

【ピアノ】ソフトペダルを使うべき箇所

本記事では、 「ソフトペダルを使うべき代表的な箇所」を解説しています。 無闇に使用するのは良くありませんが 効果的に使うことで、 演奏に「色彩」や「距離感」を出すことができます。 一般的に「ソフトペダル」は 「音色を変え...
ペダリング

【ピアノ】レガートペダル入門

本記事は、 「レガートペダル」のテクニックの入門編です。 この言葉の定義は演奏家によってさまざまであり、 プロであっても解釈に違いがあります。 したがって、そのうちの一つの定義に基づいた記事となっています。 以前より、 ...
ペダリング

【ピアノ】ペダルを外すことで得られる音響を知ること

本記事には、 「ダンパーペダルの使用箇所を決定するためのヒント」 を埋め込んでいます。 多くの楽曲では 作曲家自身によるダンパーペダル(以下、ペダル)の指示は少なく、 演奏者自身が使用箇所を決定していくことになりま...
役に立つ練習方法 他

【ピアノ】「ハープっぽい音を出して」と言われたら

本記事では、 ピアノの音を使ってハープようなサウンドを表現する方法を お伝えしています。 ピアノの先生に 「ここはハープっぽい音を出して」 などと言われたり、 独学の方は、 「ここはホルンっぽい音で弾き...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました