ペダル

スポンサーリンク
ペダリング

【ピアノ】背景をフワッと消すときには、むしろダンパーペダルに頼る

【ピアノ】ペダルに頼りすぎずに運指でレガートへ肉薄するのが原則 という記事では、 「ダンパーペダルに頼りすぎるべきでないケース」 について書きました。 一方、背景をなめらかに消したいときには むしろ、ペダルに頼ると良い効果を期...
ペダリング

【ピアノ】金管楽器の合奏のような雰囲気を出すために

ピアノという楽器で 金管楽器の合奏のような雰囲気を出すためには、 各音のデュレーション(音の長さ)に注目すべきです。 「ピアノ奏法の基礎」著 : ジョセフ・レヴィーン  訳 : 中村菊子 / 全音楽譜出版社 という書...
ペダリング

【ピアノ】左右の手で演奏する音が重なるときは、ペダル解決が一案

それぞれの手で演奏する音が重なる場面というのは 多く出てきます。 その都度、改善策を考える必要がありますが、 「ペダルで解決できないか」 というのも 検討してみてください。 具体例を見てみましょう。 楽曲が変わ...
ペダリング

【ピアノ】「ペダリングでは濁っていなければいい」から卒業する方法②

本記事は、 【ピアノ】「ペダリングでは濁っていなければいい」から卒業する方法 という記事の補足的内容。 本記事単体でもお読みいただけます。 ダンパーペダルを使ったときに 誰が聴いてもNGなのは、 特別な意味が...
ペダリング

【ピアノ】「下段は左手」に固執しすぎず、ペダリングの問題点を解決する

適切なフィンガーペダルが使える状態となるように それぞれの手で分担する音を仕分けし、 ペダルを踏み換える、 これは、ペダリングにおける濁りを解消するための 超重要なテクニックです。 何を言っているのかは 本記事をご覧ください...
ペダリング

【ピアノ】メロディの一瞬の濁りに気を配る

本記事を読むことで、 一瞬ではありながらも 明らかにぶつかった感のある濁りに対して 意識的になることができます。 具体例で見てみましょう。 楽曲が変わっても基本的な考え方は応用できます。 シューベルト...
ペダリング

【ピアノ】バスラインの扱い方を細かく検討する

以前に、 【ピアノ】バスラインの移り変わりをどう違和感なく聴かせるか という記事を書きましたが、 今回も 「バスラインの扱い方」をテーマに さらに幅広く検討してみましょう。 具体例をひとつ挙げます。 シ...
入門者 / 初級者 / 初心者のために

【ピアノ】初心者向け : ピアノの中心の見つけ方

ピアノの中心を見つけるためには、 鍵盤を見つめるのではなく 足元を見つめてください。 独学の初心者の方にはなじみがあるかもしれませんが、 各種教材で学習していると、 「原則、ピアノの中心に座る」 などと解...
ペダリング

【ピアノ】ペダルを踏み込むタイミングでつくる音色

ペダルを踏み込むタイミングを変えるだけで 出てくる音色が大きく変わります。 本記事では、 「長く伸ばされる音」の場合を例に解説します。 音が細かく動いている場合、 ダンパーペダルの踏み方にはある程度の可能性しかあり...
ペダリング

【ピアノ】なぜ、超高音域にはダンパーがないのにペダルがきくのか

ダンパーペダルを踏む込むと すべてのダンパーがいっせいに弦から離れます。 だから、弦の響きを止めるものがなくなり 音が響き続けるわけですよね。 ではなぜ、 超高音域にはダンパーがないのにも関わらず ダンパーペダルを踏むとペダ...
ペダリング

【ピアノ】ダウンビートの代わりになるペダリング

本記事では、 ダンパーペダルを踏むタイミングの活用で リズムをとる方法を解説しています。 ダンパーペダルの踏み込みというのは 工夫次第ではダウンビートの代わりにもなり得ます。 例えば、以下のような例。 ...
ペダリング

【ピアノ】初心者向け : ペダルへ足をつけっぱなしにしておくべき理由

「ペダルから足を浮かせておいたままにしてしまう」 このクセは直しておかないと 要らぬノイズトラブルが発生します。 初心者の学習者が ペダリングに関してやってしまいがちなクセで よく見られるのは、 「ペダル...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました