【ピアノ】脇役をウタにする

スポンサーリンク
伴奏によっては、
さりげなくウタとして聴かせると
魅力的な「あいの手」のような役割を
もたせることができます。
詳しくは、本記事をご覧ください。

 

具体例を挙げます。

楽曲が変わっても基本的な考え方は応用できます。

 

ショパン「エチュード Op.25-7」 

譜例(PD楽曲、Finaleで作成、28-29小節)

ここでの主役は右手のメロディですが

左手の動きも

非常にカンタービレなラインになっています。

こういったところは

ただ伴奏的に通り過ぎるのではなく

ウタにしてあげましょう。

 

歌いどころは、

譜例において丸印で示したつなぎ目の部分です。

 

(再掲)

このような、どことなくバルカローレ風のところでは

脇役の動きに

ウタが隠されている場合が多い。

 

もうひとつ例を挙げましょう。

 

ショパン「ポロネーズ 第7番 幻想 Op.61 変イ長調」

譜例(PD楽曲、Finaleで作成、152-153小節)

この例も、どことなくバルカローレ風です。

やはり主役は右手のメロディですが

先程と同じく

丸印で示したつなぎ目の部分が歌いどころ。

 

主役のメロディを邪魔するほど目立たせてはいけませんが、

メロディが動いていないところで

さりげなく脇役のウタを聴かせると

魅力的な「合いの手」のような役割を

もたせることができます。

 


 

Amazon著者ページ
https://www.amazon.co.jp/~/e/B0CCSDF4GV

Twitter
https://twitter.com/notekind_piano

YouTube
https://www.youtube.com/channel/UCBeXKaDXKd3_oIdvlUi9Czg

 


 

無料トライアルで読み放題「Kindle Unlimited」

 

筆者が執筆しているピアノ関連書籍に加え、

数多くの電子書籍が読み放題になるサービスです。

 

「初回30日間無料トライアル」はこちら / 合わなければすぐに解約可能!

コメント

タイトルとURLをコピーしました