【ピアノ】楽譜を貸してほしいと言われたときの断り方

スポンサーリンク
楽譜に関する貸し出しの断り方と
断りやすくするポイントを
あわせて解説します。

 

「楽譜を貸してほしい」と言われることって

よくありますよね。

役に立つことやら何やらを

どんどんシェアしていきたい気持ちはあっても、

何でもかんでも楽譜を貸してほしいと言われるのは

あまり気持ちのいいものではありません。

借りたい人物とは違って

楽譜の持ち主は自分で身銭を切っているからです。

 

断り方があります。

「家族で共有して使っているものだから自分の判断で貸すことはできない」

と言い張ってください。

よほど図々しい方でない限りは

「じゃあ、家族に許可を取ってくれる?」

とは言ってこないはずです。

 

では、ひとり暮らしの方はどうすればいいのでしょうか。

「今ちょうど自分が練習している楽曲なので貸せない」

と言い張ってください。

そして、

「長期スパンで練習している楽曲」

ということにしておいてください。

またしつこくされるのは嫌ですからね。

あなたにとって大事な楽譜なのであれば

嘘にはなりません。

ほんとうにちょっと練習すればいい。

 

断りやすくするポイントがあります。

原則、はじめから一回も貸さないでください。

 

何事も最初が肝心で

一度OKを出してしまうと

別の曲でもあらゆるときにテイクされてしまう。

継続して求められたくないことは

はじめから断る。

むしろ、はじめから断った方が

後から断るよりもハードルは低いことがわかるはずです。

 


 

Amazon著者ページ
https://www.amazon.co.jp/~/e/B0CCSDF4GV

Twitter
https://twitter.com/notekind_piano

YouTube
https://www.youtube.com/channel/UCBeXKaDXKd3_oIdvlUi9Czg

 


 

無料トライアルで読み放題「Kindle Unlimited」

 

筆者が執筆しているピアノ関連書籍に加え、

数多くの電子書籍が読み放題になるサービスです。

 

「初回30日間無料トライアル」はこちら / 合わなければすぐに解約可能!

コメント

タイトルとURLをコピーしました