【ピアノ : 基礎テクニック】スタッカート奏法のまとめ

注 : 本記事で譜例を取り上げている作品は

全てパブリックドメインになっている作品です。

出版社が独自につけたアーティキュレーションなど

権利に関わる部分は一切表示しておりません。

譜例はFinaleで作成したものです。

 

スタッカートのテクニックは、

レガート奏法などと同様に「楽曲の前後関係」などでもテクニックが変わるので、

「これだけやれば完璧!」

などといった攻略法はありません。

ただ、普遍的な部分についてのアドバイスをすることはできます。

スタッカートに関する基本的なテクニック

まず、「スタッカート」について、基本的な事項を解説していきます。

以前に次のようなツイートをしました。

そして、体のどの部位を使うかが重要。

「指を使用したスタッカート」(「速い動き」などで)
「手と指を使用したスタッカート」(通常)
「腕を使用したスタッカート」(「キメ」など、「強く」且つ「細かくない動き」などで)

楽曲によっては、これらを組み合わせないと演奏しにくいパッセージなどもでてきますので、

この分類を覚えておきましょう。

では次に、これら3つの奏法の使用例をみていきましょう。

「指を使用したスタッカート」(「速い動き」などで)の使用例

次の譜例を見てください。

シューマン「謝肉祭 15.パンタロンとコンビーヌ」1-2小節目

こういった速い連続スタッカートは、

「腕を使用したスタッカート」では弾けません。

「指を使用したスタッカート」を中心に使用して演奏します。

テクニックポイントは、

「鍵盤の近くからなるべく少ない動きで打鍵する」

ということです。

指を大きく上げてバタバタさせてしまうと、

「指を使用したスタッカート」の場合は演奏しにくい上に、テンポも上がりません。

「手と指を使用したスタッカート」の使用例

これは非常に多くありますが、一例として次の楽曲を見てください。

ドビュッシー「パスピエ」1-2小節目

テンポは「Allegro ma non troppo」で、「8分音符」の動きですので、先ほど例に挙げた、シューマン「謝肉祭 15.パンタロンとコンビーヌ」よりは、動きに余裕がありますね。

こういった条件では、「手と指を使用したスタッカート」(通常)がいいでしょう。

「手」はもちろん、「肩」や「肘」をボルトのように締めたまま弾かないことが大事です。

「腕を使用したスタッカート」の使用例

次の譜例を見てください。

モーツァルト「ピアノソナタ K.545 第3楽章」72-73小節目

72小節目は、ヘンレ版ではスタッカートがついていませんが、

解釈版などではついているものも多く見られますし、

慣例としてスタッカートで演奏します。

こういった、「一つ一つ重みを持って弾いていく曲尾」などでは、

「腕を使用したスタッカート」(「キメ」など、「強く」且つ「細かくない動き」などで)

が効果的に使える局面が多くあります。

この場合にも、

「上から叩かずに鍵盤の近くから押し込むように打鍵する」

というのがポイント。

上から叩くと音が散らばってしまいます。


 

今回はスタッカート奏法の基礎の「キ」だけまとめました。

実際にはまだまだ奥深く、

「楽曲に合わせたスタッカートの短さの決定」

「作曲家がスタッカートを書く様々な理由の理解」など、

基礎の「ソ」が残っています。

Amazon kindleで販売中の

「大人のための欲張りピアノ[スタッカート徹底攻略法-基礎と応用-]

では、最初に「基礎編」としてのまとめを掲載し、

その後に「応用編」として、

モーツァルト、ベートーヴェン、メンデルスゾーン、ショパン、グリーグ、ドビュッシー、ラフマニノフなどの名曲の中から、

「スタッカート」の知識として有益な箇所を解説とともにご覧に入れています。

さらに学びたい方は是非手に取ってみてください。

 

Amazon著者ページ
https://www.amazon.co.jp/-/e/B08MVMPNMT?ref_=pe_1206512_179741122

Twitter
(ピアノの効率的な練習法や、楽曲解釈などお役立ち情報を発信中。)
https://twitter.com/notekind_piano

Youtube
https://www.youtube.com/channel/UCBeXKaDXKd3_oIdvlUi9Czg

コメント

タイトルとURLをコピーしました