【ピアノ】同音連打系の楽曲をレパートリーに入れよう

スポンサーリンク
高速による同音連打など
ピアノという楽器が苦手な動作を含む音楽は
考え方によっては
レパートリーに変わった風を吹かせてくれます。
詳しくは、本記事をご覧ください。

 

高速による同音連打は

ピアノが苦手とするテクニックの

代表的なもの。

 

鍵盤を下げるときにしか音が出ず、

また、

少し鍵盤が戻ってからでないと

再打鍵しても鳴りそこなってしまうからです。

「同音連打」、それも「高速の連打」となると

かなり難易度が高いテクニックとなります。

 

だからこそ、

このテクニックが使われた作品は

ピアノ曲においては

それほど多くありません。

 

一方、こういったことが理由ともなり

ピアノ曲の中で高速同音連打がでてくると

聴感上、どことなく新鮮味を感じるもの。

それに加えて、

ピアノは一種の打楽器的なニュアンスもだせるので

連打サウンドというのは

特徴的に響きます。

 

テクニック的には難しい部分もありますが、

高速同音連打が出てくる作品を習得できると

レパートリーに変わった風を吹かせることができます。

 

たくさんの楽曲がでてくるので、

「同音連打 ピアノ曲」

で検索してみて下さい。

 


 

Amazon著者ページ
https://www.amazon.co.jp/~/e/B0CCSDF4GV

Twitter
https://twitter.com/notekind_piano

YouTube
https://www.youtube.com/channel/UCBeXKaDXKd3_oIdvlUi9Czg

 


 

無料トライアルで読み放題「Kindle Unlimited」

 

筆者が執筆しているピアノ関連書籍に加え、

数多くの電子書籍が読み放題になるサービスです。

 

「初回30日間無料トライアル」はこちら / 合わなければすぐに解約可能!

コメント

タイトルとURLをコピーしました