【ピアノ】フレーズの終わりは音価にも注意

スポンサーリンク
「フレーズ終わりの音は短くなってしまいやすい」
これは、明らかに傾向として見られるもの。
なぜ問題なのかも含めて解説します。

 

具体例を挙げます。

楽曲が変わっても基本的な考え方は応用できます。

 

モーツァルト「ピアノソナタ K.545 第1楽章」

譜例(PD作品、Finaleで作成、曲頭)

2小節目と4小節目のメロディにつけた丸印の音が

それぞれ、フレーズ終わりの音です。

 

フレーズ終わりの処理については

大きく2つのポイントがあります。

◉ フレーズ終わりの音は、大きく飛び出ないようにおさめる
◉ フレーズ終わりの音は、短くならないように

 

前者については

【ピアノ】フレーズ終わりの音楽的な処理の方法

という記事で解説しました。

 

後者も、意外に多く見受けられます。

フレーズ終わりの音は

なぜか短く切ってしまう演奏が多い。

 

(再掲)

しかし、

モーツァルトはなぜ4分音符で書いたのかを

考えてみなくてはいけません。

8分音符の長さでいいのであれば

8分音符で書いたはず。

 

余韻も含めて4分音符ぶんの長さになるようにするのはOKですが、

音価が半分になるほど短くなっては

音楽が変わってしまいます。

 

どうして音価が大切なのかというと、

音価が変わると

音の切れる位置が変わり

その結果、

直後の休符の始まる位置までもが変わってくるからです。

 

「フレーズ終わりの音は短くなってしまいやすい」

これは、明らかに傾向としてみられますので

注意点として踏まえておいてください。

 


 

Amazon著者ページ
https://www.amazon.co.jp/~/e/B0CCSDF4GV

Twitter
https://twitter.com/notekind_piano

YouTube
https://www.youtube.com/channel/UCBeXKaDXKd3_oIdvlUi9Czg

 


 

無料トライアルで読み放題「Kindle Unlimited」

 

筆者が執筆しているピアノ関連書籍に加え、

数多くの電子書籍が読み放題になるサービスです。

 

「初回30日間無料トライアル」はこちら / 合わなければすぐに解約可能!

コメント

タイトルとURLをコピーしました