【30秒で学べる】モーツァルト「ピアノソナタ K.545 第1楽章」ワンポイントレッスン

スポンサーリンク

 

モーツァルト「ピアノソナタ K.545 第1楽章」ワンポイントレッスン

 

譜例(PD楽曲、Finaleで作成、1-4小節)

「3小節3拍目のG音」「4小節1拍目のG音」と2つのG音が近くにありますが、

同じ質の音にならないように。

「コン!コン!」

というドアをノックする音を聞いて私たちが不快に思うのは、

まったく同じ質の音が2つ並んでいるから。

ここでは、

小節頭である後ろのG音のほうに

より重みが入るようにすると音楽的でしょう。

 

さらに、

4小節目の1、2、3拍目それぞれのメロディを取り出すと

「G-F-E」という音階が浮き彫りになります。

これらの音が「幹」になっていて、

他の音は

「メロディをつくるために装飾的に書かれている音」

ということですね。

これらの幹になる音同士のバランスをよく聴きながら演奏しましょう。

 


 

Amazon著者ページ
https://www.amazon.co.jp/~/e/B0CCSDF4GV

Twitter
https://twitter.com/notekind_piano

YouTube
https://www.youtube.com/channel/UCBeXKaDXKd3_oIdvlUi9Czg

 


 

無料トライアルで読み放題「Kindle Unlimited」

 

筆者が執筆しているピアノ関連書籍に加え、

数多くの電子書籍が読み放題になるサービスです。

 

「初回30日間無料トライアル」はこちら / 合わなければすぐに解約可能!

コメント

タイトルとURLをコピーしました