【30秒で学べる】モーツァルト「ピアノソナタ K.545 第1楽章」ワンポイントレッスン

パブリックドメインになっている作品です。

出版社が独自につけたアーティキュレーションなど

権利に関わる部分は一切表示しておりません。

譜例はFinaleで作成したものです。

 

モーツァルト「ピアノソナタ K.545 第1楽章」ワンポイントレッスン!

譜例(Finaleで作成、1-4小節)

「3小節3拍目のG音」「4小節1拍目のG音」と2つのG音が近くにありますが、

同じ質の音にならないように。

「コン!コン!」

というドアをノックする音を聞いて私たちが不快に思うのは、

全く同じ質の音が2つ並んでいるからです。

ここでは、後ろのG音の方により重みが入るようにすると音楽的でしょう。

 

更に、4小節目の1、2、3拍目それぞれのメロディを取り出すと

「G-F-E」という音階が浮き彫りになります。

これらの音が「幹」になっていて、

他の音は

「メロディを作るために装飾的に書かれている音」

ということですね。

これらの幹になる音がかすれないように音色をよく聴きながら演奏しましょう。

 

今回の内容を「スクロール動画」で学びたい方はこちら!

【30秒で学べる】モーツァルト「ピアノソナタ K.545 第1楽章」ワンポイントレッスン

 

モーツァルト「ピアノソナタ K.545 第1楽章」を更に学びたい方へ

大人のための欲張りピアノ [モーツァルト ソナタ KV545-1] 徹底攻略①

 

Amazon著者ページ
https://www.amazon.co.jp/-/e/B08MVMPNMT?ref_=pe_1206512_179741122

Twitter
(ピアノの効率的な練習法や、楽曲解釈などお役立ち情報を発信中。)
https://twitter.com/notekind_piano

Youtube
https://www.youtube.com/channel/UCBeXKaDXKd3_oIdvlUi9Czg

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました