【ピアノ】スラー終わりのアクセントの演奏方法

スポンサーリンク
本記事では、
前回に引き続き「”スラー” と “マルカート(アクセント)”」
という2点に焦点を当てて、
演奏方法に迷いがちな記譜の解釈を解説しています。

 

次の譜例を見てください。

①は、アクセント音の1つ前の音でスラーが切れている例。

②は、アクセント音までスラーがかかっている例。

これらはどちらも見かけますよね。

 

しかし、音楽表現は別物です。

1つ前の記事をお読みいただけると分かるように、

「スラーとマルカートは本来反する表現」であり、同居は難しい。

それは、②のようにスラーとアクセントが同居している場合でも同様です。

「スラーが書いてあるということはレガートである」

これが前提ですが、

「隣の音同士の音色が揃っていないとレガートには聴こえない。
逆に、音量差があっても音色が揃っていればレガートに聴こえる」

という事実も踏まえておかなければいけません。

 

(再掲)

その観点で言うと、

②のようにスラーがかかっている中にアクセントがあるというのは

音楽表現上、不自然なのです。

アクセントがついている音は

必ず直前の音と音色が変わるからです。

だからこそ「アクセント」という表現が存在します。

私の知る限り、

本当に力のある作曲家は②のようには書きません。

しかし、すでにできている楽曲を演奏するわけですから、

どうにかして演奏しなくてはいけませんよね。

そこで、私は次のように指導しています。

 

(再掲)

①のように、

アクセント音の1つ前の音でスラーが切れている場合は、

アクセントの直前(矢印を書き込んだ位置)で

「一瞬の音響の切れ目」を作る。

このようにすることで、

アクセントの音が「別」になるため、強調されます。

(この方法は、あまりにテンポが速いケースでは不可能です。)

 

②のように、

アクセント音までスラーがかかっている場合は、

カッコ付きで示したように

少しのクレッシェンドを補なうといいでしょう。

そうすることで、先ほど示した問題もクリアされます。

(この方法は、テンポが速くても可能です。)

ポイントは、

アクセントがついた音の強度を到達点とするように、

自然なクレッシェンドをつけること。

そうでないと、音楽が全く変わってしまいます。

 

アーティキュレーションからは、

どういう音楽(表現)なのかを読み取ることが重要です。

「長さ」というよりは「音楽」を示すもの。

注意深く読み取っていきましょう。

今回の例のように、

レガート表現とアクセント表現が同時に出てくるケースでは

特に注意が必要です。

 

レガート奏法について学びたい方は

以下の電子書籍を参考にしてください。

◉「大人のための欲張りピアノ」シリーズ テクニック-基礎と応用- 3冊セット

 


 

Amazon著者ページ
https://www.amazon.co.jp/-/e/B08MVMPNMT?ref_=pe_1206512_179741122

Amazonでご購入いただけますが、

「Kindle Unlimited」に登録している方は

kindle電子書籍が「読み放題」になるのでオススメです。

「無料トライアル」の詳細は以下よりご覧ください。

Twitter
(ピアノの効率的な練習法や、楽曲解釈などお役立ち情報を発信中。)
https://twitter.com/notekind_piano

Youtube
https://www.youtube.com/channel/UCBeXKaDXKd3_oIdvlUi9Czg

コメント

タイトルとURLをコピーしました