【ピアノ】休符から伸びているように見えるタイ?

スポンサーリンク
本記事では、
演奏方法に迷いやすい記譜のうち
「休符から伸びているように見える ”孤”」
について解説しています。

譜例を見てください。

休符から次の音へ向けて

タイらしき孤が伸びているように見えますよね。

これは、特に近現代の作品でよく見られる記譜です。

 

どのように演奏すればいいのでしょうか。

これは「休符から伸びている」というより、

「音符の前についている」と考えましょう。

意味としては、

「その音に丁寧に入ってください」

という意味で使われることがほとんどです。

この譜例で言えば、

「孤がついている8分音符の音を丁寧に打鍵する」

ということ。

特に や pp などの弱奏の時に

打鍵のニュアンスの指示として作曲家が使用する孤なのです。

 


 

Amazon著者ページ
https://www.amazon.co.jp/-/e/B08MVMPNMT?ref_=pe_1206512_179741122

Amazonでご購入いただけますが、

「Kindle Unlimited」に登録している方は

kindle電子書籍が「読み放題」になるのでオススメです。

「無料トライアル」の詳細は以下よりご覧ください。

Twitter
(ピアノの効率的な練習法や、楽曲解釈などお役立ち情報を発信中。)
https://twitter.com/notekind_piano

Youtube
https://www.youtube.com/channel/UCBeXKaDXKd3_oIdvlUi9Czg

コメント

タイトルとURLをコピーしました