【ピアノ】ポピュラーでよくある伴奏型:演奏方法

スポンサーリンク
本記事では、
「ポピュラーピアノで頻繁に登場する伴奏型」について
2パターンの演奏方法をご紹介しています。
クラシックピアノを練習してきた経験を活かして
ポピュラーピアノにも挑戦したい方のお役に立てると思います。

 

次の譜例を見てください。

このように、

2拍目裏から3拍目にかけてタイで結ばれているアルペジオ伴奏では、

大きく譜例のような2つの演奏方法があります。

ポピュラーピアノでは

一音一音をどう表現すればいいかといった

アーティキュレーションが書き込まれていないことも多いため、

演奏方法に迷ってしまいがち。

譜例で示したような

スラーなどが書かれていないことも多いでしょう。

 

(再掲)

①は言って見れば「クラシック的」なニュアンスです。

バスを深く響かせて

それ以降の音は小さくしていきます。

「バスの響きの中に他の音が溶けていくように演奏する」

このように演奏するのがポイントです。

楽曲や前後関係にもよりますが、

「アンドレ・ギャニオン」などの作品は

この演奏法が合うでしょう。

 

(再掲)

②は、①よりも「ポピュラー寄り」の奏法です。

参考までにテヌートを書き込んでみましたが、

「2拍目裏の音にもビートを感じて演奏する」

このようなニュアンスが特徴です。

そうすることで

音としては伸びている3-4拍目にも

聴衆の中には潜在的に8分音符の刻みが残ります。

そして8ビートとしての楽曲の印象が強くなります。

楽曲や前後関係にもよりますが、

「ジョージ・ウィンストン」などの作品は

この演奏法が合うでしょう。

 

それぞれの演奏法のニュアンスの違いを理解し、

ご自身が演奏する楽曲ではどのニュアンスをつけるか

慎重に検討しましょう。

 

ラグタイムに挑戦してみたい方は

以下の電子書籍を参考にしてください。

◉大人のための欲張りピアノ [クラシック畑のあなたに!ラグタイムピアノ演奏法] : ジ・エンターテイナーを用いて

 


 

Amazon著者ページ
https://www.amazon.co.jp/-/e/B08MVMPNMT?ref_=pe_1206512_179741122

Amazonでご購入いただけますが、

「Kindle Unlimited」に登録している方は

kindle電子書籍が「読み放題」になるのでオススメです。

「無料トライアル」の詳細は以下よりご覧ください。

Twitter
(ピアノの効率的な練習法や、楽曲解釈などお役立ち情報を発信中。)
https://twitter.com/notekind_piano

Youtube
https://www.youtube.com/channel/UCBeXKaDXKd3_oIdvlUi9Czg

コメント

タイトルとURLをコピーしました