【ピアノ】どういう意味?ひとつの音符の上に書かれた松葉

スポンサーリンク
本記事では、
演奏方法に迷いやすい記譜のうち
「ひとつの音符の上に書かれた < > 」について解説しています。

 

記事の信頼性


 

筆者は、音楽大学の学部および大学院を作曲専攻で修了し、

修士号(音楽)を取得しています。

また、音楽大学および音楽専門学校での指導経験も豊富です。

 

 

譜例を見てください。

このように、

「ひとつの音符の上に書かれた < > 」

については演奏方法に迷いませんか?

ピアノ曲では、

ブラームス「16のワルツ 第15番 Op.39-15 変イ長調」

などに出てきます。

 

クレッシェンド、デクレッシェンドの松葉のようにも見えますが、

ピアノは減衰楽器ですので

弦楽器などと違って

ひとつの音だけで膨らませたりすることはできません。

 

この記号は、

「丁寧に音を出して欲しい」

という意図で使う作曲家が多い記号です。

「印象的な、”動く音” にして欲しいときに使う」

と話す作曲家もいますが、

少し抽象的でわかりにくいですよね。

基本的には、

「丁寧に音を出す」

と考えればいいでしょう。

別の言い方をすれば、

作曲家による「音色の指示」とも言えますね。

 


 

Amazon著者ページ
https://www.amazon.co.jp/-/e/B08MVMPNMT?ref_=pe_1206512_179741122

Amazonでご購入いただけますが、

「Kindle Unlimited」に登録している方は

kindle電子書籍が「読み放題」になるのでオススメです。

「無料トライアル」の詳細は以下よりご覧ください。

Twitter
(ピアノの効率的な練習法や、楽曲解釈などお役立ち情報を発信中。)
https://twitter.com/notekind_piano

Youtube
https://www.youtube.com/channel/UCBeXKaDXKd3_oIdvlUi9Czg

コメント

タイトルとURLをコピーしました