【ピアノ】椅子が高すぎたり低すぎたりするとどうなるのか

スポンサーリンク
あまりにも椅子(座面)が高すぎたり低すぎたり
といった状態で弾くと
どんなデメリットがあるのかを解説します。

 

椅子が高すぎると、

演奏をするときに

身体の重さの大部分が腕にかかってきてしまう。

腕が疲れてしまい、上半身の姿勢にも悪影響があります。

 

椅子が低すぎると、

力が肘から抜けてしまう。

フォルテで大きな音を出すべきときに

「動作ばかりが大きくて音量はあまり出ていない」

というケースが見受けられますが、

これはたいてい、

力が肘から抜けてしまっているために起こっています。

 

ちなみに、

割合的には

椅子が高すぎる学習者のほうが

圧倒的に多いように感じます。

我々が他所のピアノを借りたときに
真っ先にやらないといけないことは、
椅子の高さを下げること

と言っても、過言ではないでしょう。

 

演奏者の座高や上腕の長さが影響してくる部分なので

万人に共通する椅子の高さはありませんが、

おおよその目安としては

「鍵盤へ自然に手を置いたとき、前腕と鍵盤が水平になる程度」

とされています。

 

「若いピアニストへの手紙 技術をみがき作品を深く理解するために」
ジャン・ファシナ 著/江原郊子、栗原詩子 訳(音楽之友社)

という書籍では、

椅子の高さについて

わかりやすく簡潔でありながらも

良質な内容で紹介されています。

著名音楽家絶賛!ピアノ練習参考書「若いピアニストへの手紙」レビュー

という記事を参考にしてください。

 

ちなみに、この書籍では

「低めの位置」に座ることが推奨されていますが、

本記事で扱ったような「低すぎる位置」とは異なります。

 


 

Amazon著者ページ
https://www.amazon.co.jp/~/e/B0CCSDF4GV

X(Twitter)
https://twitter.com/notekind_piano

YouTube
https://www.youtube.com/channel/UCBeXKaDXKd3_oIdvlUi9Czg

 


 

無料トライアルで読み放題「Kindle Unlimited」

 

筆者が執筆しているピアノ関連書籍に加え、

数多くの電子書籍が読み放題になるサービスです。

 

Kindle Unlimited 読み放題 無料トライアル

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました