【ピアノ】初心者向け : 椅子へ座ったあとに足を遊ばせない

スポンサーリンク

 

【ピアノ】初心者向け : 前に座りすぎていないか
という記事で、
「独学でも判断がつく、おおよその座るべき位置」
について解説しました。
これに加えて、
座ったあと弾き始める前に注意すべき点についても
触れておきます。

 

初心者の方が注意すべきなのは、

足を左右へやってしまったり、むやみに開いてしまったり、

といったように

「足の位置が遊んでいないか」

という点。

 

初心者が取り組む作品では

各種3本のペダルが用いられない作品も多いので

右足、特に左足は、たいてい暇になります。

そのときに

暇な足を、座ったあとの自然な位置で

じっとさせておいてください。

ペダルを用いる場合は

定位置が決まっているのでいいのですが、

そうでないと

どうしても遊んでしまう可能性がある。

 

足が遊んでいると重心が安定せず

演奏に悪影響ですし、

クセになって

本番で無意識にやってしまったりすると

見た目としても良くありません。

 

座ったあとに必ず確認してほしいのですが

練習中にも、ときどきチェックしてみてください。

気を抜くと乱れてしまいがちですから。

 


 

Amazon著者ページ
https://www.amazon.co.jp/~/e/B0CCSDF4GV

X(Twitter)
https://twitter.com/notekind_piano

YouTube
https://www.youtube.com/channel/UCBeXKaDXKd3_oIdvlUi9Czg

 


 

無料トライアルで読み放題「Kindle Unlimited」

 

筆者が執筆しているピアノ関連書籍に加え、

数多くの電子書籍が読み放題になるサービスです。

 

Kindle Unlimited 読み放題 無料トライアル

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました