【ピアノ】オケスコア読譜は ”一生もの” の技術(中級者以上向け)

スポンサーリンク

 

♬ オーケストラスコアの読譜がピアノ演奏に活かせるって本当?

♬ 学習のメリット・懸念点は?

♬ 入門方法はどうやる?

 

こういった疑問に答えます。

 

 

オーケストラスコアを読めるようになると

ピアノ演奏にも大いに役立てることができます。

 

本記事では

入門方法もお伝えしますので、

まずはチャレンジしてみましょう。

経験ゼロでもまったく問題ありません。

 

■オケスコア読譜は ”一生もの” の技術(中級者以上向け)

♬ オーケストラスコアを読めるようになると得られるもの

 

まずは、

全体像として

オーケストラスコアが読めるようになると

どんなことができるようになるか知っておきましょう。

 

大きくは次の3つです。

◉ 作曲家自身が編曲した、ピアノ曲のオーケストラ版からも学ぶことができる
◉「ピアノ協奏曲」を深く学べる
◉ ピアノ曲からも、オーケストラの音が聴こえるようになる

以下、それぞれの重要性を解説します。

 

◉ 作曲家自身が編曲した、ピアノ曲のオーケストラ版からも学ぶことができる

 

これについては以前に記事にしていますので

こちらを参考にしてください。

【ピアノ】作曲家自身が編曲したオーケストラ版は、最高の教材

 

◉「ピアノ協奏曲」を深く学べる

 

「ピアノ協奏曲」と聞くと

敷居が高く感じる感じる方もいらっしゃるようです。

確かに高度な楽曲は多いですし、

ヴァイオリンなどのように

初歩段階から経験できる「学習教材に適した協奏曲作品」

ほとんどありません。

しかし、

モーツァルトの緩徐楽章をはじめ

比較的取り組みやすい協奏曲楽章も。

 

多くの楽曲は、

オーケストラパートも

「ピアノ伴奏」や「カラオケ」で対応できますので

本番で披露することも夢ではありません。

 

故 中村紘子さんも

「協奏曲に触れる機会がまったくないのは、非常にもったいない。
共演者との刺激が得られるし、音が出なければ弾けないし、いい勉強になる」
(抜粋、多少簡略化しました)

などといったことを公言されており、 

ピアノ学習において協奏曲を経験することの重要性

を語っていました。

 

前置きが長くなってしまいましたが、

ピアノ協奏曲を深く学ぶためにも

オーケストラスコアを読めるようにしておくことを強く薦めます。

発表形式が「生のオーケストラ伴奏との共演」ではなく

「リダクションされたピアノ伴奏との共演」

でもいいのです。

その前の段階でオーケストラパートを勉強しておくことで

リダクションとの合わせにも活きますし、

ソロのピアノパートそのものを深く理解することにもなるからです。

 

◉ ピアノ曲をからも、オーケストラの音が聴こえるようになる

 

マスタークラスなどを聴いていると、

「このフレーズはフルートで演奏しているように軽く。鳥の鳴き声をイメージして」
「このメロディはチェロが演奏しているような深い響きで」

などといったように

あらゆる要素をオーケストラの楽器にたとえた指導を耳にします。

 

こういった発想は割と軽視されがちですが、

実はとても重要なのです。

具体的に、

「攻撃的な音」を例にとりましょう。

気持ちやイメージが無いのに何となく弾いていると

攻撃的な音を出してしまっても

自分で不自然に思うことはありません。

つまり、

自分で修正のしようがないのです。

今出ている攻撃的な音で満足してしまう。

明確な気持ちやイメージがあるからこそ

「これは攻撃的な音だな」と気づく。

 

つまり、

ピアノ曲をからもオーケストラの音が聴こえるようになり

イメージの幅が広がると

頭の中にピアノの音色しか鳴っていなかった頃と比べて

表現の引き出しがグンと増えるのです。

 

♬ 学習の懸念点

 

ここまでを踏まえて、

オーケストラスコアを読めるようになることのメリット

お分かり頂けたはずです。

では、

学習をするにあたって

やや懸念点となってくる部分についてもお伝えします。

 

今までピアノ曲の楽譜のみを読んできた方がつまづきやすいのは

大きく以下の4点でしょう。

◉ 楽譜の段数が相当増えること
◉ ヴィオラなどに「ハ音記号」が出てくること
◉ クラリネットなどの「移調楽器」が出てくること
◉ パーカッションや編入楽器に、見慣れない記譜や記号が頻出すること

 

ただ、安心してください。

入門の段階では

すべてをきちんと理解する必要はありません。

各楽器の大体の役割分担を把握するだけでも

スコアから相当の情報が手に入ります。

もっと詳しくなりたいと思えば

追加で学習すればいいのです。

 

♬ スコア・リーディングを学べる、オススメの入門書

 

以前にも記事にしましたが、

オーケストラスコアを読むための入門書を

改めて紹介しておきましょう。

以下の書籍は

重要な内容に厳選された上で

非常に簡潔に書かれているため、

入門者に適しています。

 

◉ スコア・リーディングを始める前に ~ピアノからオーケストラまで~ (楽器・楽譜の色々)

 

 

 

 

 

 

一部の音楽大学でも、

作曲科や指揮科以外の学生が

スコア・リーディングを学ぶための教科書にしている

やさしい入門書となっています。

定評のある一冊です。

 

まずはこれ一冊で充分です。

背伸びしてあまり複雑な書籍に手を出さないでください。

 

オーケストラスコアのリーディングは

ピアノ演奏の中級者以降でないと

やや学習ハードルはありますが、

一度身についてしまえば

あなたのピアノ学習に ”一生”役立ってくれます。

これを機会に

思い切ってあなたの音楽の視野を広げてみましょう。

 


 

Amazon著者ページ
https://www.amazon.co.jp/~/e/B0CCSDF4GV

X(Twitter)
https://twitter.com/notekind_piano

YouTube
https://www.youtube.com/channel/UCBeXKaDXKd3_oIdvlUi9Czg

 


 

無料トライアルで読み放題「Kindle Unlimited」

 

筆者が執筆しているピアノ関連書籍に加え、

数多くの電子書籍が読み放題になるサービスです。

 

Kindle Unlimited 読み放題 無料トライアル

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました