【ピアノ】大曲の譜読みですぐに挫折してしまう単純な理由

スポンサーリンク
本記事では、
大曲の譜読みですぐに挫折してしまう単純な理由と
そうならないためのポイントを解説しています。

 

「大曲の譜読みを始めても、いつもすぐに挫折してしまい、その都度先生に曲を変えてもらう」

という話をよく耳にするのですが、

そのたびに

どうしてなのだろうと考えていました。

 

やはり内容が難しいからなのかとも思ったのですが、

いろいろと話をきいていると

別のところに

もっと単純な理由があることが分かりました。

 

なぜ、挫折してしまうのかというと

一気にぜんぶ弾けるようになろうとするからです。

 

大曲なのですから

ざっと弾いてみたところで

そのときはうまく弾けないところがでてくるのは

当たり前のこと。

それでムリだと思ってやめてしまったら、

「両手で別々の動きをするなんてムリ」

などと勝手に決めつけて諦める入門前の方と

たいして変わりません。

 

いつも書いているように

「ハシゴをかけてあげないと、離れたところへは届かない」

ということを前提として、

以下の点を心がけてみましょう。

◉ 毎日つづけるために、毎日できる程度の労力に狭める
◉ ごく短く区切って部分に集中する(欲張らない、急がない)

 

 

 


 

Amazon著者ページ
https://www.amazon.co.jp/~/e/B0CCSDF4GV

Twitter
https://twitter.com/notekind_piano

YouTube
https://www.youtube.com/channel/UCBeXKaDXKd3_oIdvlUi9Czg

 


 

無料トライアルで読み放題「Kindle Unlimited」

 

筆者が執筆しているピアノ関連書籍に加え、

数多くの電子書籍が読み放題になるサービスです。

 

「初回30日間無料トライアル」はこちら / 合わなければすぐに解約可能!

コメント

タイトルとURLをコピーしました