【ピアノ:基礎テクニック】「緩徐楽章」を音楽的に仕上げる最重要項目

注 : 本記事で譜例を取り上げている作品は

パブリックドメインになっている作品です。

出版社が独自につけたアーティキュレーションなど

権利に関わる部分は一切表示しておりません。

譜例はFinaleで作成したものです。

 

第2楽章などの「緩徐楽章」を音楽的に仕上げるために必要な最重要項目は、

「重心(Schwerpunkt)」のコントロール

です。

これは音楽表現で本当に重要な「基礎」の「基」です。

これを踏まえないで

ハデさにひかれて「ムズカシイ」楽曲ばかりに取り組んでも何の力にもなりません。

「重心(Schwerpunkt)」とは?

あらゆる分野で使用される言葉ですが、

音楽においては、

ごく簡潔な言い方をすると

「重みの入る位置」

と思っておけば大丈夫です。

「重心(Schwerpunkt)」を実際の楽曲でみてみよう

必ずしも緩徐楽章に限った話ではないのですが、

特に緩徐楽章では

「重心(Schwerpunkt)」に向けたダイナミクスを大げさにやらないと

音楽が平坦になってしまいます。

テンポのゆるやかさから一音あたりの滞在時間が長い傾向にあり、

勢いでごまかすことができないからです。

 

まずは次の譜例を見てください。

モーツァルト「ディヴェルティメント K.136 より第2楽章」

この作品は室内楽作品ですが、

ピアノ曲でも基本的な考え方は同様です。

非常に有名な楽曲ですので教材に取り上げました。

 

この譜例の中には「重心(Schwerpunkt)」は2箇所あります。

どことどこにあるかわかりますか?

正解は次の譜例を見てください。

下向き矢印で示した2箇所です。

この2つの重心があることで、「3拍子」であるということが聴衆に伝わります。

そして、原曲にはない「ダイナミクスの松葉」を書き込みました。

2つ目の重心に向けてふくらませて、それをおさめます。

(2小節目の頭ではバス音の音域も下がり、

音の配置としてもそのようなエネルギーが表現されていますよね。)

このようなニュアンスをつけることで

「2小節単位でできている音楽構造」がわかり、

「音楽の方向性」も明確になります。

つまり、

重心を見つけて、こういったダイナミクスの松葉をつけることが重要なのです。

 

こういったときに

「そんなダイナミクスの松葉は原曲の楽譜に書かれていない」

などと思わないでください。

譜面というのはある程度の「利便性」を求める一面もあり、

「煩雑さ」を避けるために、

フレーズなどの関係で理解できる内容はあえて書かれないことも多いのです。

もし、楽譜に書かれていないからといって

メロディの起伏をまったく平坦に演奏したり

フレーズ終わりでもおさめないで演奏したりすると

相当殺伐とした演奏になります。

そんな演奏をするピアニストは一人もいません。

 

また、上記の譜例では出てきていませんが、

緩徐楽章などに出てくる sf は「強く」と考えると唐突な音になりますから、

「深い打鍵で重みを入れる」

という意識で演奏するとうまくいくケースが多いです。

実際に「重心のコントロールのために書かれた sf は多くあります。

「重心(Schwerpunkt)」の見抜き方

見抜くポイントは「楽式を学ぶこと」ですが、

もっと手軽にできるのは

「ピアノを使わずに自分の口でメロディを歌ってみる」という方法です。

 

口で歌うと音楽的に歌えるのに、

ピアノに向かった途端に一本調子になってしまう例は意外と多い。

そこで、

口で歌ってみて発見した音楽的要素をふまえた上で

ピアノに向かってみるのが得策です。

 

また、先ほどの譜例なども参考に実例に多く触れていくのもいいでしょう。

Amazon kindleで販売している

「大人のための欲張りピアノシリーズ」では

緩徐楽章も多く取り扱っていますので

ぜひ参考にしてみてください。

「重心(Schwerpunkt)」を学ぶための具体的書籍

《「新版 楽式論」石桁真礼生 著 音楽之友社》は

非常にわかりやすく

「重心(Schwerpunkt)」について学べる書籍です。

それでも重心について書かれているページ数は限られています。

つい読み飛ばしてしまいがちですが、

この数ページの間に宝が隠されているとも言えるでしょう。

 


 

今回は、「緩徐楽章」を音楽的に仕上げる最重要項目をお伝えしました。

最後にポイントをまとめます。

 

◉緩徐楽章を音楽的に仕上げるために「重心(Schwerpunkt)」を見つけよう
◉重心に合わせて「ダイナミクスの松葉」をつけることが重要
◉楽譜にはフレーズなどの関係で理解できる内容はあえて書かれないことも多い
◉ピアノを使わずに自分の口でメロディを歌ってみると重心を見つけることができる

 

Amazon著者ページ
https://www.amazon.co.jp/-/e/B08MVMPNMT?ref_=pe_1206512_179741122

Twitter
(ピアノの効率的な練習法や、楽曲解釈などお役立ち情報を発信中。)
https://twitter.com/notekind_piano

Youtube
https://www.youtube.com/channel/UCBeXKaDXKd3_oIdvlUi9Czg

コメント

タイトルとURLをコピーしました