【ピアノ】演奏における構成力

スポンサーリンク
本記事では、
「構成力」について話題にしています。
中級〜上級者向けの内容です。

 

「楽曲自体の構成」は

作曲家が作曲時に決めているので

今から変えることはできません。

変えてしまったら編曲になってしまいます。

しかし、

「演奏における構成」をどうするかは

ある程度演奏家に委ねられています。

演奏における構成とは、

例えば、

「複数あるヤマの中でどこを一番盛り上げるか」
「楽曲に出てくる一番低い音をどれくらいのバランスで聴かせるか」

などといったことです。

こういったことは

作曲家がある程度ダイナミクス記号で指示しているとはいえ、

それらの相対的なバランスをどのようにとっていくかは

演奏者次第です。

「フォルテと書いてあったら、いつでも100%中の80%」

というわけではありません。

100%中の80%の時もあれば、

100%中の70%で構成した方が

前後関係が活きてくる場合もあります。

楽曲の「前後関係」や「全体のバランス」を把握した上で

今その箇所をどれくらいのバランスで演奏すれば

音楽的なのかを判断していかなくてはいけません。

「譜読み」の一種とも言えますね。

 

「楽曲自体の成り立ちだけでなく、
演奏方法も構成に影響を与える。
そして、演奏での構成力で楽曲の印象が随分変わる」

上のレベルを目指していくためには

これらのことは踏まえておくべきだと感じています。

 


 

Amazon著者ページ
https://www.amazon.co.jp/-/e/B08MVMPNMT?ref_=pe_1206512_179741122

Amazonでご購入いただけますが、

「Kindle Unlimited」に登録している方は

kindle電子書籍が「読み放題」になるのでオススメです。

「無料トライアル」の詳細は以下よりご覧ください。

Twitter
(ピアノの効率的な練習法や、楽曲解釈などお役立ち情報を発信中。)
https://twitter.com/notekind_piano

Youtube
https://www.youtube.com/channel/UCBeXKaDXKd3_oIdvlUi9Czg

コメント

タイトルとURLをコピーしました