【ピアノ】平坦的な演奏を突破する方法

スポンサーリンク
本記事では、
「平坦的な演奏を突破する簡単な方法」をお伝えしています。
ワンポイントレッスンです。

 

演奏中に気づいたら

「音符を拾うことに必死で、ダイナミクスが平坦になっていた」

ということはありませんか。

特に多いのは、

常にダラダラと演奏してしまう、

「センプレメゾフォルテ(sempre mf )」の演奏です。

自信なさそうに

「センプレメゾピアノ(sempre mp )」

というケースも耳にします。

これは慣れるまでは仕方のないことです。

以前の私もそうでした。

 

解決策としては、

今演奏しているフレーズが

・山なのか
・谷なのか
・あえて平坦な持続を求められているのか

これを踏まえることが挙げられます。

「楽式論」という過程を学ぶと

より見分けが利くようになりますが、

まずは、

「口で歌ってみて、ニュアンスを想像する」

これだけでも

充分に山や谷を見分けることができます。

決して、

「クレッシェンドが書かれていないから山ではない」

「デクレッシェンドが書かれていないから谷ではない」

と思わないでください。

音楽とは

そこまでつまらないものではないのです。

 

「楽式論  石桁真礼生 著(音楽之友社)」

 


 

Amazon著者ページ
https://www.amazon.co.jp/-/e/B08MVMPNMT?ref_=pe_1206512_179741122

Amazonでご購入いただけますが、

「Kindle Unlimited」に登録している方は

kindle電子書籍が「読み放題」になるのでオススメです。

「無料トライアル」の詳細は以下よりご覧ください。

Twitter
(ピアノの効率的な練習法や、楽曲解釈などお役立ち情報を発信中。)
https://twitter.com/notekind_piano

Youtube
https://www.youtube.com/channel/UCBeXKaDXKd3_oIdvlUi9Czg

コメント

タイトルとURLをコピーしました