【ピアノ:基礎テクニック】モーツァルトのトリルの攻略法

モーツァルトの作品に出てくる「トリル」は

適当に入れればいいわけではありません。

演奏法というのは最終的には「演奏者の自由」ではありますが、

まず基本的な考え方を知っておく必要はあります。

そこでこの記事では、

「モーツァルトのトリルの入れ方」

そして、

トリルを本番で失敗しないコツ」

についてもご紹介します。

モーツァルトのトリルの入れ方

モーツァルトのトリルは「上から」入れてください。

「下の和声音から始めない」ということです。

モーツァルトの音楽の師は、父親のレオポルド・モーツァルトです。

レオポルド・モーツァルトが書いた「バイオリン奏法」という本がありますが、

バイオリン奏法のみならず、トリルの入れ方など、様々なことが書いてあります。

つまり、モーツァルトを勉強するなら、

その音楽教育の師であるレオポルド・モーツァルトの考え方を踏まえた方が得策ということです。

 

当時も必要に応じて奏法を変更することは行われていましたが、

基礎がなかったわけではありませんし、

それは「バイオリン奏法」からも読み取れます。

 

ちなみに、

フンメルは1828年の書籍の中で

「世の中の人はいまだにトリルを上から入れている」

と書いています。

モーツァルトの生きていた時代よりずっと後のことです。

フィリップ・アントルモンによる意見

2005年に放送されていた

「スーパーピアノレッスン モーツァルト編」の中で、

講師の「フィリップ・アントルモン」が

トリルについて生徒にアドヴァイスしました。

 

「ピアノソナタ K.311 第2楽章」の中で、

生徒がきちんと上からトリルを入れましたが、

「下から入れるように」

と言ったのです。

アドヴァイスの意図は

「そのほうが曲の表情に合っているから」

というものでした。

 

アントルモンのように音楽を知り尽くしている上で

求める表現のために表情を優先するのは構いません。

一方、それは基本を知っていることが前提であることは

いうまでもありませんね。

 

トリルは、なんとなく適当に入れればいいわけではないのです。

 

当時のテキストが破格で売られています。

トリルを本番で失敗しないコツ

バロック〜古典派までの作品におけるトリルは

「必ず自分で奏法譜を書けるようにする」

これが重要です。

 

よくバッハの解釈本などを見ると

トリルの奏法例として32分音符などの細かい音符で書いてありますよね。

あのような奏法譜を

あなたが取り組んでいる楽曲のトリルでもご自身で用意します。

それをせずに闇雲に適当にトリルを入れるだけだと、

毎回入れ方が変わってしまって本番で失敗します。

ロマン以降だとアゴーギク自体に様々な解釈があり

テンポの揺れも大きく

トリルにも多少の自由度が増しますが、

少なくともバロック〜古典派までの作品におけるトリルは、

「トリルの演奏のやり方を決めておき、毎回それを元に練習する」

これが本番で失敗しないコツです。


 

最後にポイントをまとめます。

 

◉モーツァルトを勉強するなら、師であるレオポルド・モーツァルトの考え方を踏まえた方が得策
◉求める表現のために表情を優先するのは「基本を知っていること」が前提
◉バロック〜古典派までのトリルは、やり方を決めておいて毎回それを元に練習する

 

Amazon著者ページ
https://www.amazon.co.jp/-/e/B08MVMPNMT?ref_=pe_1206512_179741122

Twitter
(ピアノの効率的な練習法や、楽曲解釈などお役立ち情報を発信中。)
https://twitter.com/notekind_piano

Youtube
https://www.youtube.com/channel/UCBeXKaDXKd3_oIdvlUi9Czg

コメント

タイトルとURLをコピーしました